プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ2015年40号感想2015-08-31(Mon)

BLEACH

・見開き

 やっぱ師匠の絵はかっこいいですね。
 しかし、「集結、我ら星十字騎士団――――!!」って既にほぼ全滅してるじゃねーか!! しかも陛下による粛清(?)が主で。

・ペルニダ

 霊王の右腕が滅却師というのは、陛下が霊王を「我が父」と読んでいたことと関係があるんですかね。
 滅却師の祖が陛下ということになっていたけど、実はその力のさらに起原が存在した? 陛下の力は霊王由来であっても、霊王の右腕を滅却師に仕立てたのは陛下だとか?

 マユリ様の戦闘もやっぱり見てて楽しいですね。ほぼ無敵キャラのマユリ様も霊王では流石に分が悪そうだけど、しかし力を分析するなどマユリ様ならという面も見せててちゃんと期待と不安が共存する緊張感ある戦いになってる。

 眠七號だからネムというのは、眠一〜六號までいたのだろうし番号とはいえ固有名に近いのは「七號」なんだから「ナナ」でいいのではと思いました。

暗殺教室

・地球滅亡確率1%以下

 1%は全く安心できる確率じゃないだろ……地球滅亡よ? 発生するリスクは無限大なんだからどれほど低確率でも安心はできないよ。

・暗殺は続ける

 1%でも安心できない、と文句を言った矢先になんですが、これもこれでわかんないですね。
 
 いや、国家首脳とかが1%のリスクを排除しようと暗殺者を差し向けるのも指令が解除されないのもわかりますが、それに従ってる生徒たちに単なるポーズ以上のモチベーションはあるの? 
 君ら殺せんせーを助けたいんじゃなかったの? 
  たとえば殺せんせーの生存確率をさらに100%に近づけようと残された期間手を探すなら筋は通りますよ?
 助けるために全力を尽くした結果99%は助かるってわかったけど1%のリスクは排除できないってわかったから殺す方に切り替えたの?
 どういうこと?

「信念で刃を振ったのならば何を得ようが失おうが責任を持って受け入れる『覚悟』を!!」

 なに? それはなんなの? 最後までポーズだけの暗殺ごっこを気合入れて続ける覚悟?

 この漫画、「命で向き合う」みたいなことを1年(3年)言い続けて来ましたけど、結局それが何を意味するのかは語られないまま終わりそうですね。
 なんとなく口当たりのいい言葉で飾るけど中身は全くない……。松井先生はセンスのある人だから小ネタとか、単発のエピソードで楽しませてはもらったけどね……。

ソーマ

 我を徹底して殺すことが逆説的に個性になる、という考え方は面白いし、とにかく基本心配性というキャラクター性とも合っていてなかなか秀逸だったと思います。
 「食卓の白騎士」ってあだ名つけた記者の人恥ずかしすぎるだろ……。このゲーム感バリバリの鎧も恥ずかしいっていうかダサくない?


読み切り

 ゾロ……?

 赤ん坊は世継ぎ候補ってだけで別に不思議な力を持ってるわけじゃないのかよ。あの怪力描写はなんだったのか。

 初期ONE PIECEの影響バリバリの戦闘も見てて楽しいものではないし(特にダイジェストだしね?)、一連の読み切りの中では個人的に一番見るところのない漫画だなあ。

ヒロアカ

 もはや無力なのに眼力の凄まじさだけで実力者を怯ませるあたりステインさんはやはり格が高いなあ。
 エンデヴァーさんはナンバー2なんだから気圧されないでほしかったけど、しかしオールマイトの師匠のグラントリノさんもビビってるわけだし、ステインさんの執念がとにかく異常なだけ、ということか。
 しかしエンデヴァーさんを「贋物」扱いしてオールマイトが本物というのは、エンデヴァーさんが根っこは自分の名誉欲だけだと見抜いてるんでしょうかね。

・犬の署長

 雄英の校長は「個性の発現したネズミ」でしたが、この人(?)は犬みたいな人間なのか、人間みたいな犬なのか。
 署長の説明は警察が個性持ちの人材を確保してない言い訳としては弱い気がするなあ。こんな世界になったら絶対公的機関というか政府が真っ先に囲い込もうとするでしょ。
 まあワールドトリガーのボーダーも民間組織が異世界人の技術を独占とか絶対許されるわけないけどそのまま続いてるし、そこは漫画の嘘ってことでいいんだけど、嘘なら嘘であまり掘り下げない方がいいのでは、とも。
 そしてヒーローが「商売」になったことでステインさんが批判するような拝金主義的な面も出てきているのは多分事実なのでしょうし。

ブラッククローバー

・フェゴレオンさんのチョップ→説教

  「一つの判断ミスで一つの命が失われるぞ」って、だったら説教してないであなたがアスタに加勢しましょうよ。魔法も使わず敵から目を背けている間にアスタの命が失われてたかも知れないんですよ。
 とはいえブラクロは平素の好感度が低いこともあって今週はそう悪くなかったです。パーティーではdisの嵐が吹き荒れていたけど良心的な人がいるってだけでだいぶ読み味がよくなりますね。
 あと、戦闘の方も魔法無効化の剣を手数で押しつつアスタに失血のダメージを与えているなどなそれなりの緊張感があってよかったです。アスタの剣、傷口に押し当てれば魔法の効果消えるんじゃない?
 しかしこの人、アスタ1人にかかずらってて他の魔道士からの攻撃にはめっちゃ無防備な気がします。なぜかアスタのタイマンを周囲が邪魔しないでくれてるから戦えているだけなのでは。

ワールドトリガー

 3週間ぶり? やっぱワールドトリガーがあると読後の満足感が違いますね。
 前回まさかのベイルアウトしてしまった修くんですが、ショックを受けつつも前向きに貢献しようとしているのはよかったです。
 嵐山「凹むだろうな」木虎「これくらいのことで凹むなんておこがましい」というコメントも各人のキャラが出てていいです。このあたり、やはりワールドトリガーは厳しいけど理不尽ではないっていう安心感がある。

 風間さんの(三雲を警戒していたのか……?)という予想は修くんを買いかぶり過ぎだと思いますが、実際なんで撃ったんでしょうね。戦術も冴えた面があるとはいえまだ未熟で、特訓を経た今でも多分駒としての戦力はあの場で最弱でしょうし。

 あと、必死に逃げ回ってる千佳ちゃんがめっちゃ可愛かったです。太もも出してるし、本人の大人しい性格に反して衣装の露出度は作中ナンバーワンなのでは?
 衣装といえばなぜかバッグワームの襟を立てている二宮さんに笑いました。相変わらずハンドポケットだし、この人が初登場時(修くんの回想ではなく)の私服普通だったのか奇跡としか思えない。絶対本来はシャツの襟を立てちゃうタイプの人でしょ。
 趣味はカクテル作りで自宅にはシェイカーとグラスを揃え、大学では変則ルービックキューブを常にガチャガチャしてるんだろうな。そんな二宮さんが好きだ。

・ユズル「二宮隊(あんたたち)が嫌いなだけだよ」

 鳩原さんのことを根に持ってるユズルくん可愛い。






 


スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。