プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ15号感想前編2010-03-15(Mon)

ぬらりひょんの孫

 羽衣狐様「第十七幕から出ておるぞ」

何…だと…

 少年漫画には定番の仲間の力云々て話を単なる精神論ではなく実際に仲間の畏を取り込んで強くなると設定

してくれたのはよかったと思います。百鬼夜行のリーダーって言うイメージにも合いますし。まだ「業」が

なんなのかははっきりと明かされてませんが、多分あれでしょうね。「百鬼夜行のみんな、俺に畏を分けてくれ」

畏玉的な。

ONE-PIECE

 白ひげの死を涙を流して悼むレイリーがいいなあ。やはりロジャーがそうであったようにこの人も白ひげに

対してはある種の友情を感じていたんでしょうね。

 そして何とその能力を奪ってしまった黒ひげ。以前エースも「他人の倍の人生を生きている」と言ったように

黒ひげは元々二人の人間だったんでしょうか。

しかし黒ひげの計画の全貌は

1 サッチを殺してヤミヤミの実の能力者に

2 自分を追って来るだろうエースを倒して七武海に加盟

3 七武海の称号を利用してインペルダウンに侵入し、有望な囚人を仲間にスカウト

4 海軍と白ひげ海賊団の戦いで白ひげが死んだところに現れ、グラグラの実の能力を奪う

→俺TUEEEEEEEEEE!仲間TUEEEEEEEEEEEE!

 エースが追って来るかどうかと白ひげが死ぬかどうかはわからないと思いますが…。

まあエースの直情的な性格や白ひげが病気で弱っていることを黒ひげは知ってたわけだし

そう踏んでもおかしくはないかな。

 ところで今週は作中で「ワンピース」そのものに次ぐ謎と言える「悪魔の実」の謎の一端に迫った

話でもありましたね。

読者「何で悪魔の実はそれぞれ世界に一つずつしか無いのに図鑑に実ごとの能力が載ってんの?前に誰か食ったなら

   何で実があるの?」

尾田先生「悪魔の実は『同じ時代には』世界に一つづつしか存在しない」

ここから「悪魔の実」は能力者が死ぬとまた実るのだろうと言われてましたが、もしも黒ひげの

能力の奪い方がまた実った「グラグラの実」を食べるというようなものなら、多くの能力者の死を目にしてきた

海兵達の目からわざわざ隠す必要はありませんし、また海兵達がそれを予想しなかったことから、

「悪魔の実」は能力者が死んだからといってその場ですぐに生えてきて回収出来るようなものでは

ないんでしょうね。もしそうであれば強力な「グラグラの実」を海兵達は急いで回収しようとするでしょうし。

恐らく黒ひげは新たに「グラグラの実」として実る前の「悪魔の力」そのものを奪ったってことではないでしょうか。

まあこの辺は尾田先生が将来明らかにしてくれるでしょうから読者があれこれ予想しても意味のないことでは

ありますが。

NARUTO

ナルト「俺達は一流の忍びになれたってことだ」


ねーよwwwww


確か再不斬編で、「忍びは里の意志なき道具でなくてはならない」という掟に対して疑問を投げかける

話がありましたが、ナルトは今は完全にその掟を無視してますもんね。いやナルトはもともと掟を順守する

キャラじゃありませんが、読者から見て「いやどう考えてもそこは従うべきだろ」と思う場面でも

ナルトはわがままを貫いてますし。熱血バカにしても読者が共感出来る理由で掟を破るならわかるんですが

ナルトのは読者から見ても不快っていう…。そしてそんなナルトが里に反逆したサスケェや戦闘力が凄いだけの

問題児である自分を「一流」と生じるのは滑稽すぎて…。

「仲間一人救えない奴が火影になんかなれっかよ」

よく、大局的に見れば大のために小を犠牲にすべき状況でも仲間や恋人(小)を優先し、

この手の台詞を吐く主人公がいますがナルトもまさにそのタイプですよね。火影と言う

立場になるならば里や火の国全体の利益を優先するような思考であるべきだと思いますが

ナルトは火影になっても自分のわがままを押し通しそうだよなあ…。



 どうせ完全催眠で拳西フルボッコなんだろとか言われてましたが、何と実際にワンダーワイスを

ボコってて驚きました。オオカミ少年みたいな言い方をすると幻術忍者ですね。

そして最初にかき消した炎熱地獄の焔を炸裂させ、それを山爺に押さえ込ませて重傷を負わせる戦術も見事。

どうしちゃったんだぜ藍染様。無駄が無いよ。敵の侵入を紅茶を飲んで待ち構えてた男とは思えない。

しかしこれで山爺が死んでたら何かヤムチャみたいですね。

 最後に至近距離から鬼道を撃つ山爺も見事ですが、藍染のダメージが殆ど無いのは何なんだぜ。

自分より強いキャラが撃った九十番台の鬼道を喰らったのに。ただそこにすかさずホロウ化した上で

攻撃を仕掛けようとした一護はよかったです。何か先々週からBLEACHが面白いぜ!

トリコ

今週は神。確実に連載が始まってから最も面白い。

まず、今までにトリコが見せていた読者からするとやや押し付けがましく感じたトリコの言動

(持論による説教を敵にまでするとことか)がグルメ細胞による生理現象であるという説明と、

かなり都合がよく感じたグルメ細胞によるフィトンチッドがトリコの特性である嗅覚と絡めて

語られたことでまあそれならありかなと説得力を持っていることがよかったです。

そしてその後のトリコ対トミーの壮絶な肉弾戦がいい!トミーに肉を抉られ、腕を失っても構わずに

攻撃を仕掛け続けるトリコからは鬼のオーラが見えてもおかしくない凄みを感じました。

(欠損した手で殴るとかしまぶー刃牙好きだなあ)そしてそれによって思い切り顔が変形したトミーの

ダメージ描写と、13連釘パンチで吹っ飛びながらもトリコの腕をつかんで反撃する凄まじさが見事に

表現されていました。しっかし完全に左腕を失ったトリコだけどこの戦いの後腕は元に戻るのかね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。