プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ23号感想後編2010-05-10(Mon)

ハンター

ゴンさん容赦ねー。完全に殺っちゃったよ。しかも頭を砕いて。あれだけ萌えキャラだったピトーを

あっさり殺すとかゴンさんってか冨樫先生はマジ容赦ねー。そしてノトーリアスBIG状態のピトーTUEEEEEEE!

キルアが止めなければゴンさんの首がすっ飛んでただろうと考えると王への執念ハンパねぇな。プフやユピーが

そうだったようにピトーも人間的な感情を持ちながらも本質は「蟻」なんだよな。

ゴンさん「やっとカイトと同じになれた…あの時の…少しだけ救われた」

(´;ω;`)ブワッ

今までキチガイまっしぐらで恐怖しか感じられなかったゴンさんですが、この台詞はじんと来たなあ。

生前に見た最後のカイトと同じ状態にされたことを喜ぶとかキチガイ以外の何者でもないんですが

それでもやっぱり…。

カイトラブ一直線でキルアのことなんk眼中にない感じだったゴンさんも最後はキルアの叫びに振り返って

涙ぐむなど、キルアの思いも無駄ではなかったってことですかね。しかし、次週でのゴンさんの様子を

想像すると救われたとはとても…。冨樫先生なら主人公死亡とかやりかねないし。

ぬらりひょんの孫

しょうけらオサレ高え。十字架で攻撃する美形神父とかオサレすぎる。そして陰陽師よええ。

本部であれば陰陽師も精鋭ぞろいだろうし、27代目も設定上は破軍使えるんじゃねーの?

竜児やゆらや魔魅流以外の陰陽師にも活躍の場を与えてやろうぜ。いやしかしうしおととらの光覇明宗も

白面の者に対しては最強の僧である和羅や紫暮でさえ正面からは太刀打ちできないだろうしなあ。

最後に出てきた青田坊はかっこいいなあ。

リリエンタール

 それぞれのキャラクターが力を合わせて圧倒的な強者を打ち破るって王道展開はこの作品でも映えるなあ。

そして人間をやめちゃったボスも昔は「力を持った年寄り」である組織の上層部を変革しようとしてたんですね。

RDの力えの執着が彼を変えてしまったのか、それともそれ以前に変わってしまっていたのか、ボスの過去の姿を

唯一知っているシュバインさんもわからない事の真相は連載が続いて組織との戦いをもっとじっくり描く余裕が

あればきっと明かされていたろうになあ。シュバインさんはジャンプの悪役史の中でも「理想の上司」という新たな

タイプの「名悪役」だったと思います。彼のスピンオフとかも読んでみたいなあ。

そして日野家に帰ってきたリリエンタール達が本当に嬉しそうで良かったです。「俺達の日常はまだまだこれからだ」

って終わり方ですけど、たとえ打ち切りでなくストーリーを描ききっての円満終了であってもきっとこんな終わり方

だったんじゃないかなと思います。芦原先生の巧なストーリー構成と魅力的なキャラクター、暖かな日常描写で

楽しませてくれたこの作品は本当に素晴らしい漫画だったなと思います。打ち切り作品でここまで次回作を

読みたい気分にさせてくれるのはP2!以来ですね。次回作でも芦原先生の才能が十分発揮され、人気を得られる

ようになって欲しいなあ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。