プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプSQ8月号感想&ジャンプ31号感想後編2010-07-06(Tue)

テニスの王子様

外道「テニスに逆転はホームランはねえ」

 当たり前のこと言ってるのに何か目が覚めたように感じるのは多分

読者もテニスがポイントを取って勝つゲームだということを忘れてたからじゃないでしょうか

よく考えるとテニヌにあっても相手を行動不能にして勝つというスタイルをとってるのは少数派なんだよな…。

石田銀、赤也、クラウザーさん、タカさんくらいか。まあ点数取るために使ってるとはいえ幸村の能力は

物理攻撃より遥かに恐ろしい気もしますが。

・クラウザーさんのデータ

クラウザーさんパワーは5なんですね。中学一年生が高校生基準?でパワー5ってすげえな…。でも

クラウザーさんが5なら石田銀はいくつになるんでしょうか?

外道「バテてんじゃねーぞこら!!そうだ走れ!走りまくれよ!!一撃必殺の大技に頼ってっから体力が

つかねぇんだよ!!」

何か試合ってより普通にシゴキみたいになってますね。確かにクラウザーさんは今まで一撃で相手を殺してきた

っぽいので相手と競り合うだけのスタミナは必要なくサザンクロスに必要なパワーさえあればよかったのかも。

外道さんより上位のコートにいる高校生が普通ならあれでKOとか言ってるのを見ると相手が特別タフじゃなければ

高校生も普通に殺せそうですし。

チームメイト「テニス後進国の島国に残る意味があるのか?」

フルボッコにされてどの口が後進国なんて言ってるんでしょうか?

自分たちが負けた相手で全国大会優勝の青学に「雑魚はどいてろ」と言った跡部様

ばりのビッグマウスですね。
そして悪魔赤也にやられたクラウザーさん以外の面々も負傷してるんですが

やっぱりポイント取って勝つスタイルの選手と戦っても負傷はするんですね。

テニヌはテニヌでした。


外道「コイツ強くなるな」

つまりこいつはもっと強い殺人テニヌプレイヤーになるぜってことか。

何を言ってるんだ…。


自分を殺しに来るテニヌプレイヤーの中学生をテニスで圧倒し、且つ相手の成長を願って自分の身を敢えて

危険に晒す外道さんは名前とは正反対にとてもいい先輩だったんじゃなかろうか。まあ後輩の殺人テニヌ自体を

さらに助長してるのはどうかと思いますが。

・白石は全能力が5段階中3・5

ああ…完璧なテニスってそういうことなの…。完璧って言うからには技術くらいは5じゃなきゃいけないんじゃ

ないかと思うんですが。完璧といえば確か山吹中に「基礎技術を完璧に極めた」という設定のダブルスペアが

いたと思うんですが彼らはどうなんだろう。まああの二人なんて所詮はテニスプレーヤーとしてはですしね。

コーチ「悪魔化し過ぎると精神崩壊するよ」

柳「悪魔化し過ぎると死ぬよ」

ちょ…どんな厨二病バトルマンガの主人公の能力だよ…。

モヒカンオカマ「フラワーッ」

これはどの辺がフラワーなんだ…。しかも凄く速いツイストっぽいサーブって地味だな…。

・赤也悪魔化

 何かこの赤也はラケットを振り下ろそうとしてるんですが誰を狙ってるんでしょうか…?高校生たちは

向こうのコートにいるし…白石に「うるせーっ」って振り下ろしたなら腕に当たって謝るのは不自然だし。

もしかするとこれはラケットを高速で振り下ろす→衝撃波やら鎌鼬やらが発生→離れた敵を切断

というついにボールをぶつけることなくラケットで相手を殺す段階にテニヌが進む

ということでしょうか。
白石が止めなかったら多分オカマはコートごと真っ二つになってたんですよ。

・白石の包帯が取れた

 白石の腕は金太郎が「毒手」と言ってたはずですが前作では結局明かされませんでしたね。あの手は

毒手でボールを掴む→そのボールが相手に当たる→傷口から毒が回って死ぬ

というものではないかと予想してみます。もう誰もポイントを取って勝利することに期待してません。



 精神世界でのバトルは何かいきいきしてますね。何しろ精神世界ですからそりゃOSRもギュンギュン

高まりますよね。

・啓吾と水色と一護

 水色がそんなに一護にBL…惹かれてるとは思いませんでした。普通に友達の一人って感じかと。確か

水色はショタでヤリチンで「ハローハロー」とか電波飛ばしちゃう子ってイメージだったんですが。

でもこの辺りの思春期の微妙な人間関係の描写を見るとやっぱり久保先生はキャラは描けてるよなあと

思いますね。

 啓吾とたつきは一護の影響で力が目覚めてるって伏線があったと思うんですが、

背負われてる千鶴とみちるは大丈夫なんでしょうか。
 
四ツ谷先輩の怪談

 今まで出た「階段」を「学園七不思議」に昇華、中学校で幻の生徒となった四ツ谷先輩→高校に、など

上手く纏めてるなという印象。最後のメタな締め括りも目新しくて面白く、やっぱりこの作者は

光るものを持ってるよなーと思います。次回作ではもっと躍進して欲しいですね。

 コミックスの予告はコミックスではどうするんだろうって疑問もあいますが、それよりこの漫画3巻分の

量ないよね。一巻分だよね?どういうことなんだろう…?

 メタリカメタルカ

 ルカが能力を使う度思うんですが、明らかに元より質量増えてるよね。

バクマン

 正直みんな何を言ってるんだろうと思いました。恋人のライバルが描いた作品だから恋人のマンガの

ヒロインの声優やるのが夢のあたしはやりたくないって理屈がまずわからないんですが。同時期に複数の

作品に出演してる声優さんなんて珍しくないですし、NATURALの声優やりながらPCPの声優やりゃあ

いいんじゃあねえの。バクマンの恋愛パートが面白くない理由は、イマイチ読者から共感を得づらいことを

愛の力とか言って正当化してることからだと思います。まあ共感できないのはこの作品全般に言えること

ですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。