プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ39号感想前編2010-08-30(Mon)

バクマン。

・表紙

 バクマンの内容に合わせて少年漫画らしい、ポップな絵柄にしてるってのは理解できるんですが、

表紙の絵を見ると絵柄の違い云々以上に、画力自体が下がったように思えてしまうんですよね。

ヒカルの碁完全版の表紙を見ると、デスノートのころと同じように美麗な絵を描く画力が健在であることは

わかるんですが。小畑先生にはこういうタイプの絵柄は向いてないんじゃないかなあ…。正直今のバクマンの

絵柄よりは保健室の死神の藍本先生当たりの方が上手く感じます。顔芸も、デスノートのころのシリアスな絵柄で

やってたからこそ面白かったと思うんだけどなー。

・岩瀬さんの過去

 中学時代に「握手したから付き合ってる」と電波理論をぶちかましてた岩瀬さんが、そもそも何故シュージンを

好きになったかの過程が明かされたわけですが、やっぱりよくわかりませんでした。岩瀬さんは優秀な男が好き

っていうのはわかるんですが、それを描かれても読者からは共感を得難いよなー。単純に優秀な男が好きって

女性は少なくないと思うんですが、そういう気持ちは恋心か、と聞かれると首を横に振らざるを得ませんし。

んで岩瀬さんのは恋心であるかのように描かれてもなあ。デスノートでミサが月に抱く恋心も異常なもの

だったんですが、あれはミサが異常な人間として描かれてましたからね。デスノートもバクマンも異常な人間が

たくさん出てくることは共通していますが、デスノートの異常者が「ぶっとんだ異常者」であるのに対し、

バクマンの異常者が「現実的な異常者」であるところに2つの作品のキャラクターの差が出ていると思います。

前者であれば「現実にいたら嫌だけど憧れる」ですが、後者は「現実にいそうだよなこういうやつ。嫌だなあ」

って感じで。第2話のサイコー&シュージンの「お前頭いいな」は非常に生々しい厨二トークでしたからね。

ああでもバクマン。でも新妻エイジは「ぶっ飛んだ異常者」としての魅力があると思います。

・PCP

 ああ…うん…。この二人の作品に対しては毎回こういう感想しか抱けないなあ。作中作でも、ラッコ11号は

素直に面白かったのに。ライバルキャラの明智のビジュアルがどう見ても小悪党って感じだし、暗号も陳腐だし、

最後の「PERFECT CRIME PARTYだ」にも何の興奮も感じない。そして、これが恐らく次週にはNATURALを上回る

アンケ結果を出す展開になるんだろうなと思うと…ね…。

・人気投票

 サイコーもシュージンも亜豆も10位にも入らないといいな。

 ONE-PIECE

 ミホークから剣を習うって展開は正直予想外だったなー。簡単に思いつきそうなもんですが。やっぱりこの

二人の剣術のスタイルが全然違うからだと思います。まずミホークの一刀流に対して、ゾロは三刀流ですし。

剣の稽古が始まり次第ミホークは「刀はどれか一本にしろ」とか言うんじゃないかなー。まあ三刀流は

そのままになるとしても、やっぱり純粋な「我流」でミホークに勝って欲しかったかなあ。勇次郎風に言うなら

「未熟ではある。だが貴様は間違っていない」って感じで。でも師匠超えってのもそれはそれで熱いか。

・ルフィにも勝てない猛獣が500頭以上

 えー…。ワンピースじゃある程度強い海賊は単体じゃもう自然界に敵はいないってイメージがあったんですが。

七武海や世界政府の重要任務を任せられるCP9を下したルフィよりも強い猛獣がポンポンいるってどういうことよ

それって七武海も大したことないんじゃね?そしてそんな猛獣の群れに襲われたりしたらレイリーさんもただじゃ

済まないよね。もしもこの島の動物たちを従えられたら世界最強の軍団じゃね?つまりあれだ。

チョッパー最強

・見聞色、武装色、覇王色

 「覇王色の覇気」が出た当初は「人によって持っている覇気の性質は違って他にも別な色の覇気を持つ人間が

出てくるんだろう」と思ってたんですが、なるほど見聞色、武装色までは全ての人間が持ってるのね。そして

そこに+αの特別な覇気が「覇王色の覇気」だと。そして「心網」は見聞色の覇気による技術であることも

わかり、コビーの「心網」について抱いていた疑問も解消されて良かったです。

・そして2年後へ

 第2部まで1ヶ月の休載が挟まれることはネット上の情報で知ってましたが、冨樫先生の無期限休載とは

違って非常に好感が持てますね。今まで13年間ジャンプの看板漫画として貢献してきたわけですから、

しっかり充電して第2部で読者を魅了してほしいですね。

 ナルト

ガイ「昼虎はただの正拳…ただし速すぎる正拳だ…!相手に向かって一気に圧縮していく空圧正拳…正拳は

圧縮後一気に拡散する」

ごめん意味が分からない

要するに拳圧による遠当てみたいな格闘漫画によくあるあれだと思うんですが、それが何故虎の姿をしているのか

何故圧縮後一気に拡散なんて現象が起こるのか全くわかりません。だいたいあれじゃん。撃つときのガイ先生

正拳突きしてないよね?
 
何か変な印を結んでたよね。

まあ対する鬼鮫はかめはめ波なわけですが。掌を合わせて気功波は

波動拳やら北斗剛掌波やらドルオーラやらで散々やられてるのでいまさらですね。

 銀魂

 とりあえず九兵衛の可愛さは異常だった。

 ブリーチ

一護「一瞬で終わらせてやる」

 一瞬とは言っても読者の体感時間は2000倍以上に引き伸ばされてるんだろうなと思いました。

 



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。