プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ46号感想前編2010-10-18(Mon)

黒子のバスケ

 海常対桐皇戦辺りから思ってるんですが、藤巻先生はホント画力が上がりましたね。キャラの表情には

特筆すべきものがあると思います。

・黒子の「消えるドライブ」

 原理を予想してみたんですが、これは「めだかボックス」の日之影前会長の「知られざる英雄」と同じじゃ

ないかと思いました。どういうことかと言うと、

ボールは存在感がありすぎて意識を反らせない

→逆に、ボール以外の対象に向いている意識までボールにディレクションする

→相手の全意識がボールに集中→とてつもない存在感

→相手「うおっまぶしっ!」→ボールの「光」(存在感)が元々薄い黒子の存在感をかき消す

という、「存在感が強すぎて認識できない」点で「知られざる英雄」と同類なんじゃあないかなあと。

何かもう完全に超能力って感じですが、ミスディレクションは元々他のキセキの世代のそれと比べても

「超能力度」が高いと思うので。

トリコ

 捕獲レベル15とか22とか、ここまでインフレが進んだトリコの作中で「決して低くは無い」と

言われてもねえ…。捕獲レベル21で伝説の魔獣とか呼ばれてたデビル大蛇は何だったんだ…。

ラストに出てきた「メルク」ですが、このレベルの猛獣をかませ犬にしてもだからなんだって気がしますね。

彼はあくまで「研ぎ師」ですから戦闘力がそこまで高い必要はないんですが。包丁に関して言えば、

捕獲レベル60の亀の甲羅をまっぷたつにしたマッチの刀の方がすごく感じるなあ。包丁が

30%とは言っても。

ばんからさんが通る

 とても空知先生らしくていい読み切りだったと思います。前回の読み切りもそうだったけど、やっぱり

空知先生はヤンキーモノが好きみたいですね。銀魂もそうですが、

「読者には馴染みのある題材(銀魂は時代劇、本作はヤンキーモノ)をありえない世界観で展開する」のは

空知先生の好きな手法なんですかね。バカバカしくて、でも読んでて楽しいです。

 何だか「魔界学園」を思い出しました。

 右翼

 連載開始時からは想像もつかないんですが、このマンガ、何だか好きになってきました。第1話ではあれだけ

嫌悪感を覚えたのに。

 リヒトのありえないカリスマ性(?)はどうやら彼固有の能力ということがわかり、よくある魅力も無いのに

みんなから慕われる主人公よりは全然好感が持てますね。リヒトがどんだけ性格がアレだってみんな

ついてくるんだよ!だってそういう能力だから!ナルトへの作中でのキャラの心酔ぶりが「ナルト菌」と

揶揄されるのは、岸本先生的にはナルトが魅力的な人間だから慕われるんだ、と思って描いているのに

読者からは全くそう見えないという溝から来るものだと思うんですが、作中で公式設定されちゃえば

もう怖く無いですね(何が?

 それに対して相手の今泉くんの能力は「重圧」のようですが、弱い選手を弾き飛ばす以上の何かを

見せて欲しいですね。

 「あの人」を連呼しすぎてウザかったです。二人は名前を知ってるはずなんだから名前を出さなきゃ不自然だろ

あれか?「名前を呼んではいけないあの人」か?

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。