プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ3・4号感想前編2010-12-20(Mon)

 トリコ

 えらいトントン拍子で話が進むなー。“メルクの星屑”がこれだけ大量にあるのに戻ってこないって、

会長から依頼された包丁はどうやって作る物なんでしょうね。

・竜王デロウス

 これはやはりグルメ界への伏線ですかね-。トリコ世界では「最強」という言葉もなんだか虚しいですが、

ここまで仰々しい設定にしたのであればグルメ界でも強い猛獣として出てきておかしくなさそう。

・ゼブラ

 最後の四天王“ゼブラ”ですが、こんだけインフレが進んだ状態で出てきても戦力になるのか不安ですね。

確か初期の四天王(トリコ・サニー・ココ)って美食會の支部長クラスにも苦戦するレベルだったよね…。

いやでも以前に自分で「ゼブラは元々四天王の中でも規格外の強さだったのでは」と予想したような…。

まあその辺は次週以降でわかるか。

ワンピース

 やっぱりワンピースの冒険部分は面白いよなー。新しい島が出てくる度にその魅力的な設定に感心しますね。

人魚達に感動して「ここがオールブルーだ」と言っちゃうサンジには笑いました。ところで、オールブルーって

初期のワンピ世界ではありえない奇跡の海って感じで出てきたけど、散々「ありえなさ」のインフレを繰り返した

今のワンピース(というか偉大なる航路)では、普通にあっておかしくない気がしますね。

ナルト

・穢土転生の話の続き

 うんまあ術者を操って術を解かせるとか、魂を封印するとかは確かにありかもしれない。でも、最も

警戒すべきは“成仏”だと思うんだ。この後忍者兼坊さんみたいなのが出てきて(そんなん前にいたよね)、

霊を成仏させるお経忍法みたいなのを唱えるんじゃないかな。完全な妄想だけど。超自然的な力が存在する

世界であれば、宗教観もそれに絡んだものになるのではと思います。こちらの世界でいう「奇蹟」や「神通力」

じみた現象があちらではひとつの技術として認知されているわけだし。

カカシ「ナルトはぶれない立派な忍びに成長した」

これはあれだよね。二人への気遣いだよね。ね…?

ブリーチ

・「EXECUTION」への電話

 電話で超常的な集団に連絡をするあたり、「何かサイレンみたいだなあ」と思ったんですが、

トラブルを避けるために電話がつながるまでに面倒くさい手続きを必要とするあたり、彼らは霊的な力を

持ってはいても、やはり普通の人間なんだなあと思わされました。この人達も不審者扱いされて警察が

来たら普通に逃げるんだよね。そういうバランス感覚って大事だと思う。

バクマン

 今週はバクマンが一番面白かったです。ていうか、バクマンを素直に面白いと思えたのってずいぶん

久しぶりじゃないかなー。やっぱここ最近は主人公達が話の中心で、そして彼らにスポットライトが当たると

途端につまらなくなるからだろうなー。

・平丸さんと吉田さん

吉田さん「平丸一也はもう一生漫画を描かない!蒼樹さんに漫画を描かせ、自分は専業主婦に収まる算段!」

ひでえwwwwwwwwwwただ平丸さんの「やはり仕事はしないとダメか…」って独白からすると

そういう算段もダメもととは言えあったんだろうなww

・蒼樹さん「恋愛ドラマの主人公みたいで…何かいいです…」

 あれ?おかしい?これ、亜豆あたりが言ってもおかしくないってかこれ似たような台詞を作中で何度も

言ってるのに、

亜豆「恋愛ドラマの主人公みたいで…何かいいな…」

とかサイコーと二人で言ってるとこ想像すると鳥肌モノなのに、(オーディションドタキャンエピソード参照)

蒼樹さんだとすげえ微笑ましい。亜豆と蒼樹さんって、脳内お花畑ってキャラづけとしては似てる部分が

あるんだけどやっぱキャラの魅力では雲泥の差だよなー。

・「仕事と恋をごっちゃにするのは…蒼樹さんをエサにするのはやめてくれ」

imagesCAU44Q9F.jpg

このときの蒼樹さんの脳内には、きっとこの場面が浮かんでたんだろうなあと思いました。

 で、この話では最終的に平丸さんと蒼樹さんのカップルが成立して、恋愛関係でけっこう波乱があった

蒼樹さんも、ずっと蒼樹さん一筋だった平丸さんもようやく幸せになれそうで良かったなあ。バクマン。の

恋愛パートでこんなにも温かい気持ちになれるんだなあと感動したんですが、それ以上に凄いと思うのが

平丸さんと吉田氏の関係だと思うのですよ。漫画自体好きじゃ無くて、いやいや描いていて、常にサボれる

口実を探している平丸さんと彼のそういった性質を熟知していて、全く信頼せず(負の信頼とも言える)、

目の前にニンジンをぶら下げて自分の出世のために操っている吉田氏。そんな二人の関係はとても理想的なものに

思えるのですよ。互いの人間性を理解しているからこそ成り立つ関係。それは多くの少年漫画に登場する

「絆」よりもよほど説得力があるように思えます。まあつまり吉平はガチ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。