プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ10号感想2011-02-07(Mon)

ワンピース

・マトマトの実?

 魚人の能力者が登場しないのは「水中で強い」という魚人のアドバンテージを失うからだと言われてたけど、

恐らく悪魔の実の能力者だろうバンダー・デッケンさんは水中でも普通にしてますね?流石にこれについては

何らかの説明があるだろうけど。「マトマトの実」については幽☆遊☆白書の刃霧要のような能力?

ルフィは簡単に止めてるし、活躍は期待できないなあ。

トリコ

 ゼブラの性格についての伏線が張られたときからトリコはゼブラをどう思っているのかという疑問が

ありましたが、今週では特に嫌悪感を覚えているわけでは無さそうだなあ。アイスヘルではマッチの

オーバーキルをやめさせてたのに、食うためなら種を滅ぼしてもいいのかって気がします。

黒子のバスケ

・瀬戸健太郎

 るろうに剣心の斎藤一にそっくりですが、藤巻先生は意識してるんでしょうか。

・花宮は天才

 今まで無冠の五将とか言われながらプレーの面では大して凄いと思えなかった花宮ですが、ようやく本領を

発揮。優れた頭脳を活かしてパスコースを読む、しかも彼に次ぐ頭脳派によるサポートがあるってのは

なるほどと言った感じ。キセキの世代を擁する他のチームと同等以上の攻撃力がある誠凛を0点に抑えるってのは

確かにすげーなー。やっぱこういう、「ギリギリのリアリティがあるケレン味」は黒子のバスケという作品の

持ち味だと思います。とんでもなんだけど、自分たちと同じ人間の範疇の能力でそれを可能にするハッタリが

効いてて納得が行くのがいいですね。

「お前頭いーな」

瀬戸「俺は頭いいけど花宮のほうが頭いいよ」

この流れはちょっとサイコー&シュージンっぽくて気持ち悪かったけど。

月・水・金はスイミング

 サムライうさぎの福島鉄平先生の読み切り。サムライうさぎは志乃と伍助のラブコメがすきだったのに

キチガイ講武館が出てきてとんでもバトル漫画になってがっかりしたものでしたが、今回は完全な恋愛モノ。

 で、感想ですがジャンプではちょっと受けないんじゃないですかね。非常に丁寧な作品で、主人公の

心情にも割と共感できたし、ちょっとだけ距離が縮まったという締め方も良かったんですけど、やっぱり

地味ですし。主人公側から告白とまでは行かなくとももう少し踏み込んだアクションを見せてくれれば

良かったかなー。

 後、福島先生の描くキャラは絵柄の影響もあるとは思いますが設定の年齢より幼く感じますね。これも

小6とかだったらもっと共感できたろうになあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。