プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ感想後編2009-09-29(Tue)

 黒子のバスケ

 黒子=バスケ能力を測るすスカウター。

ポジションによって「上手さ」の方向性も違うでしょうし、一概には比べられないと思いますが、

それを「輝き」で比べるとは…。わかるようで何言ってんだこいつって気もします。

しかし昔は黒子とも最高のパートナーと評されていた青峰ですが、

やはり黒子が一度バスケを嫌いになったきっかけには彼が関わってそうですね。

 サイレン

 サイレン世界はDQNネームばっかりで親は何考えてんだって感じでしたが、

その親の一人が登場。夜科朱鳥。うん、どうみてもDQNネームです。

本当にありがとうございました。

 本編ですが、父親自身は天文学者として「ウロボロス」を研究してるだけで

WISEなんかとは無関係なんですかね。それとも以前に出てきた

政府機関なんかが絡んでるんでしょうか?

 めだかボックス

 無いわー…。最後のめだかちゃんの超人ぶりもそうですが、

雲仙のちゃんと信念はあるみたいなキャラ付けも。

そもそもこの話は雲仙の行動が初っ端からぶっ飛びすぎていて

読者にはまるで共感が望めないのに、その行動に

どんな理念があろうと彼に魅力は感じられません。

あと、「十三組で一年以上生き延びてきた」って…。男塾かよ…。

 バクマン

 中井さん…。この人はダメ人間ですけど、何か応援したくなる気持ちは

ありますね。といっても俺は蒼樹さんが好きじゃないので、

彼にイマイチ共感し難いですが…。

 港浦さんとの対決姿勢を選んだサイコー&シュージンですが、

これで彼らが勝っても港浦さんが全否定されるような形にはなって欲しくありません。

彼自身は情熱に溢れた編集ですし、自分の問題点に気づいてサイコー&シュージンとも

やり直すってのが望ましいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。