プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ17号感想2011-04-04(Mon)

トリコ

・表紙

 キャラ弁は完成状態の画像しか見たことが無いので喰われてるところを見せられるとちょっとグロく感じますね…。

・コラボ漫画

 アニメ化おめでとうございます。アニメ第1話、見ました。そちらはこの作品と対をなす(?)ように、麦わらの一味がトリコ世界に迷い込む話でしたね。話の中身なんですが、「悪魔の実はうんこでした」ってオチは微妙だなあ…。何か惰弱というか。どうせなら何か全く役に立たない能力を小松に身につけさせれば良かったのに。トリコ本編で普通に泳いでる描写が出てきても(俺は)気にしないよ。「トラノイヲカルキツネノイヲカルブタ」の発想は面白かったです。尾田先生のセンス凄い。

・本編

 鳥人間のミイラはたまたまあの個体だけ生きていたのか。それともあの姿で眠りについていたかのどちらでしょうかね。前者であれば死んだと判断された遺体が数千年経って復活したことへの説明が、後者であればあんな死にそうな姿で眠りについたことへの説明が必要になります。後者の方がまだいいかなー。天空で遭遇した個体はトリコが驚愕する身体能力を持っていましたが、こちらはゼブラの音バリアーに攻撃を弾かれているところから見て大した強さでは無さそうです。ミイラ状態から元に戻ったらどうなるかわかりませんが。「同じ生き物なのに個体によってまるで味が違う」というのは現実でもままあることらしいですが(ウニとか)、作中ではどんな理屈付けがあるんでしょうか。それにしても、この城に潜入して以降のRPG臭は異常。

ブリーチ

・戦いだから能力を明かさない

 うん、大半の敵は能力を説明してたけどね

 久保先生はたまーに思い出したように「戦いは冷徹に、正々堂々とか気にしちゃいけない」みたいなことをキャラに言わせますが、そういう意識を持ってはいるのであれば、普段からキャラにそういった行動を取らせてくださいよ。
 HUNTER×HUNTERではキャラがみんなそういった行動を取ってるから展開に必然性や説得力もあるし、ナックルのように合理性に徹しきれないキャラの行動にも読者は共感できると思うんですよ。ブリーチのキャラはチョコラテを置いて行こうという発想自体持ってないのが大半ですもん。

ワンピース

・ホーディさん

 先週は「ピンピンしていて薬飲んで復活」だろうなと書きましたが、今週は仲間が薬を飲ませてくれなければそのままリタイアしていたっぽいので、それは良かったです。ゾロは致命傷とは行かなくてもちゃんと仕留められるだけのダメージを負わせたんだなってのがわかりますし。圧倒的な実力者の一撃を受けたんだからちゃんと沈まなきゃね。その点先週のデッケンさんはいくない。そしてそんな実力者のゾロも生身の人間である以上普通に溺れるってのはシビアでいいです。まあトリコやココみたいに「超人的な肺活量があるから長いこと潜ってられるよ」でも全然いいとは思うけどね。

・人魚柔術ウルトラマリン

 小さいころ、プールなんかで激しい動きでかめはめ波の構えを取って水流を起こす「かめはめ波ごっこ」をしてたんですけど、それを思い出しました。


ナルト

 上記のブリーチ感想とだいたい同じことを思いました。チョウジもマンモーニ過ぎるだろ…。後、蝶の羽根を纏った姿は一部のサスケ奪還編でも出てきましたけど、改めて見ると見た目が決してよろしくないチョウジには不似合いな(失礼)高OSRな能力。ていうか月光蝶(ry

バクマン。

・シュージンによる七峰擁護

 やっとこれが来たか…!今までは、七峰君のメソッドを感情論だけで否定するサイシューの姿勢が作中でも肯定されていて、そこが気持ち悪かったんですけど、今週はシュージンが七峰メソッドにはメリットもあることを指摘してくれて、その上で「50人の意見を週刊連載のペースでまとめあげるなんて無理」という現実的な観点から否定してくれたので、だいぶ気持ち悪さが薄れましたね。うん、初めっからこんな感じであれば、俺もそれほど嫌悪感は覚えなかったんだけどね。ただまあ個人的に言わせてもらうと、責任感があるからいいアイディアが出るってものでも無いと思うので、無責任な形であっても別にいいとは思うんですけどね。

・中井さん

 ガモウ先生は何故彼を復帰させたのか…。本人の人間性が酷過ぎるんで自業自得でしょうけど、年齢差はともかく中井さんの容姿まで面と向かって馬鹿にしてるユキちゃんも何気に酷いなーと思いました。

・七峰君の失敗の要因

 シュージンが指摘した通りのメソッドの問題点と、七峰君自身の対人スキルの低さ、精神的な脆さですかね。まあ最初上手く行っていたメソッドから改悪しちゃったのも七峰君なんで、全てひっくるめて七峰君のせいでしょうね。しかし、今シリーズで忘れてはいけないのは、結局サイシューは全然成長してないことと、小杉さんも褒められた編集では決してないこと。

銀魂

 やっぱ面白いわー。「二次元へ旅立つ」ってのが「二次元が具現化する」ことっていう発想力が凄いwwwww後は東城さんのおむつ替えプレイとか、「子宮の奥から」発言とかこの漫画の下ネタは相変わらずすごいなーと思いました。

黒子のバスケ

 今までちょいキャラだったカントクのパパを「元全日本代表」という実力者設定にしてしまうのはちょっと強引かなと。プロのトレーナーですからトレーニング理論に関してはカントク以上に秀でてるとかで良かったと思うんですが。そこまで凄い人なら今までにも戦術面などでカントクが教えを請うことがあって良かったと思うんだけどなー。火神の帰国は、地元でトレーニングってことなんでしょうけど、過去話とか見ても火神はアメリカの中学生レベルじゃ氷室以外に敵なしだったように描かれていたので、かつてのライバルとか出てきてもなーって思いますし、強くなるだけなら日本で良かったんじゃないかなあ。理由として考えられるのは氷室の変化の原因を探りにってあたりですがそんなことのための渡米をカントクが許すとも思えませんし。

マジコ

・沐浴

 全裸の美少女が激痛に耐えながら水浴びをするってのはまたマニアックですね。

・大食い魔法少女ルー

 最期はきっと暴れ出した黒魔女からみんなを守るために自爆して果てるんですよ。うん。今週のいぬまるだしまどかマギカネタが被りましたね。(言いがかり)多分大亜門先生が連載してたらQBのパロディキャラとかマミさんの首ちょんぱのパロディとかやってくれたんだろうなー。








スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。