プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ18号感想2011-04-11(Mon)

ジャンプ16号無料配信

ワンピース

・踏み絵

 これはキリスト教の話ですが、生きるためなら「踏み絵」もする隠れ切支丹も割といたらしいので、踏めばいいんじゃ無いかな。「私の描かれた絵を踏むくらいなら死を選べ」っていうような預言者も女王も尊敬はされないと思います。とはいえ、踏まされる人々みんながそう割り切れるものでも無いだろうけど。

・カリブーさん

 存在を完全に忘れてたぜ!!しかし、「人間大で7000万だからその7、8倍はあるしらほし姫は~」って計算はどうなんだwwwクワガタか何かと勘違いしてないか?デカい方が立派って考えは動物になら当てはまりそうだけど、亜人種としての人魚はどうなんだろ。でか過ぎて引くんじゃないかな?でもまあ人魚を買う層は愛玩動物としてしか人魚を見てないのが大半だろうから、「ここまで大型なのは珍しい」ってので需要はあるのかな?

・ジンベエの語る過去

 「ジンベエの七武海加盟はアーロンの解放と引換」って設定はワンピースの初期に出たものなので、12、3年越しくらいの伏線回収になりますね。アーロンは当時から人間には残虐でも同胞への愛情はあるキャラクターだったので、彼のキャラクターも長くなりすぎない程度に掘り下げられればいいですね。

・フィッシャー・タイガー

 フィッシャー(魚)・タイガー(虎)で鯱の魚人かと思ってたらそんなことは無かったぜ!!シャチは魚類じゃなく哺乳類だけど、まあ魚類じゃない生物がモチーフの魚人も出てるし。

バクマン

・七峰君の思いついたアイディアは「嘘をつけば殺される」まで

 結局七峰君は「絵が上手いだけ」が公式設定になっちゃったなー。「絵が上手く、ネット上の50人のアイディアを練って作品にまとめ上げる」力量があると思っていたのは俺たち(かはわからないけど)だけだったようだ…。

・小杉さん

 この人はどうも腹立つなー。そもそも、社会人としては七峰君が重大な問題行為(作中の倫理観では)をしているんだから編集長に報告する義務があったはずだし、それを保身のためにしなかった小杉さんが自分のそういった大きな落ち度に触れることもなく、七峰君に偉そうにしてるって言うのが…。凄く好きになれないタイプ

・中井さんはクビ

 七峰君がやり直すにしても、中井さんがクズなのは動かし難い事実なので、この処分は覆らないでしょう。やはり彼は田舎に帰った時点で作品からフェードアウトすべきだったのでは無いだろうか。理想を言うなら、蒼樹さんのマンション前でこの世からフェードアウトするのが一番美しかったと思う。

トリコ

・サラマンダースフィンクス

 スフィンクスっていうかシーサーだよねこれ。まあスフィンクスは人面なのでリアルに描くと怖いだろうけど。しかし、捕獲レベル92はすごいな。作中で数字で示された中では最高の捕獲レベル。しかし、捕獲レベル92と算出出来るってことは、92と推測できる基準となる猛獣がいるんですよね。確か捕獲レベルでこいつに次ぐのがぐりんパーチが乗ってたジャックエレファントの85だったと思うんですが。そもそも捕獲レベルが1離れるとどの程度の実力差になるんだろう。捕獲レベル1の猛獣が「猟銃を持ったハンターが10人がかりで仕留められるレベル」だけど、このレベルじゃそんな程度の差がついても誤差の範囲だと思うんだ。それはそうと、ゼブラの本気バトルは楽しみですね。トリコとふたりがかりかも知れないけれど、それでも両者の実力をきっちり描いて欲しい。

ブリーチ

・ダーティブーツの能力

 結局能力説明してんじゃねーか!!先週のは何だったんだぜ?それにこの能力、自分で土とかつけるんじゃダメなの?ていうか最初から汚しとけば良くね?

・一護の戦闘センス

 だからさー読者は一護に戦闘センスを感じたことなんてないんですよー。なのに何でさも一護は戦闘のプロみたいに描くかなー?そして、確かに一護は半年ほどの間に命がけ()の戦いを幾度も経験しているのでフルブリンガーさん達より戦闘キャリアがあるんでしょうけど、数百年にわたってキャリアを積み重ねた死神達がアレですからね…。

グリム

・お母さんがお父さんに貞操を奪われたんは合意の上じゃない可能性

 これは…!夏コミで若き日のイソっペママ陵辱本出るで…!

黒子のバスケ

・ストイックなキセキの世代

 キセキの世代はみんな天才で努力家なのに、そのなかで努力ゼロでトップにいる青峰の才能が如何に圧倒的かってことでしょうかね。

・赤司

 登場からしばらく経つのに顔が明かされない赤司さんですが、個人的には女顔と予想しておきます。そして、彼は「勝つことが基礎代謝のように生きていく上で当たり前」だそうです。泳ぎ続けないと呼吸が出来ないサメを連想しました。しかし、「勝利が当然」であればIH決勝も勝利を確実にするために出ようぜ。勝つために獲得した選手に「出たら楽に勝ってしまうからつまらない」って言われた学校側やチームメイトはどうするんだ…。そして、勝つのが当然と言うのであればバスケ以外のありとあらゆる分野でも常に一番なんでしょうか。小説版の設定では緑間以上の成績とされていましたが。

スケットダンス&銀魂

 どちらもかなり面白かったと思います。師弟と言うこともあり、互いの作風をしっかりつかんでいましたし。ただ、スケットダンス側が銀魂の作風に合わせて無理に下ネタに走ろうとしていたのに対して、銀魂はスケットダンスに合わせようとする気持ちが全く無く、いつも通りのノリを展開していたことを考えると、銀魂の方が強いというか上手というか、そんな印象を受けました。

めだかボックス

・めだかちゃんは主人公

 「主人公補正」を公式設定にしてしまうあたり、ホントメタな漫画ですよね。しかしそうなると、「卒業を待つ」という安心院さんの策はイマイチ上策とは言えないんじゃないかと。だって、めだかちゃんが「貴様を永遠に学園から追放する」とか言って突っ込んできたら主人公補正に負けて追い出されそうですし。むしろ「主人公らしい負け方」をさせた方がいいんじゃないかなー。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。