プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ48号感想後編2011-11-08(Tue)

NARUTO

 最近けっこう面白いナルト。五影による総力戦という展開が燃えるのは、なんだかんだ言って彼らが「強者」だという認識が作中にあるからでしょう。実力者が実力者に相応しい振る舞いをしているという点では、やはりNARUTOはBLEACHに比べてバトル漫画として数段上だと思います。

バクマン。

PCPェ…。

 本当に何だったんだぜこの漫画は…。「シリアスな笑い」というアイディアに始まり、読者的にはイマイチ面白いと思えない形で作品化され、「亜城木夢叶の完成形」とまで言われながら最近ではむしろ厄介者扱いされ、より面白いと思える作品が出来たからそっちをメインに…と。

 確かに漫画家も自分の作品で気に入っているモノやそうでないモノはあるでしょうし、仕事ですからあまり好きでない作品の連載を続けなければいけないときはあるでしょう。だからサイシューや服部さんが「最高傑作」と考えていたモノよりいい作品が出来上がってもそれは別にいいんですけどね。でも、「物語のキャラクター」として見るとそんな彼らの姿を全然格好いいとは思えないんだ。それに加味して作中の出来事が全部サイシューに都合よく進むっていう茶番臭さ。今ジャンプで一番「茶番」という表現が似合うのはバクマン。だと思う。

BLEACH

 個々の強い弱いに関係なく、少数だから迫害されるってのは確かにあるかも知れないんですけど、この回想、あんまり能力者だからとか関係ないよね。ていうか誰も能力者だから迫害されたとかじゃ無くね?

舞台はおらが地元!


青い森の国(上)青い森の国(上)
(2011/10/25)
菊地 秀行

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。