プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画けいおん!感想2011-12-10(Sat)

 今日、知り合い3人と池袋のシネマサンシャインで見てきました。都心だからか、けいおん!だからか、劇場は満員。公開後数カ月でDVDやBlu-rayが出る現状、映画って割高な娯楽だと思うんですけど凄いですね。

※以下本編感想になります。当然ネタバレになりますので既にご覧になった方、ネタバレOKという方以外はご遠慮ください。













・「目指す音楽の方向性が違ってきたんだ」

 予告でも流れてた澪の台詞ですけど、これがガチじゃなくて良かったです。俺、正直けいおんに対してはだいぶ冷めた目で見てて、「お前らそんな音楽に真剣じゃ無いだろう」とこの台詞を聞いたときは思ったので。けいおんをガチで青春ガールズバンドモノとして楽しめてる人はこの方向性でも良かったかも知れないけど。

・ロンドン旅行

 ロンドン旅行が決まるまでが長い長い。優に1話分くらい使ってましたからね。俺だったら冒頭で着陸する飛行機を映して、

「私たちは卒業旅行でロックの街、ロンドンにやって来ました。」

って唯の台詞と数分の回想で片付けてると思います。後、親に金払ってもらうのに10数万かかるだろう旅行に当然のように行かせてもらえると思ってるあたりムギちゃん以外もずいぶん裕福な家庭の子なんですね。

 で、肝心の旅行についてなんですが、正直つまんなかったですね。この映画は

序盤(卒業旅行の行き先決め)→中盤(ロンドン旅行)→終盤(卒業ライブ、あずにゃんへの演奏)

って分けられると思うんですが、序盤、中盤と体感では上映時間の3/4が酷く退屈でした。けいおん!のようないわゆる日常モノ作品では、海外旅行って割合大きな話の動きで、そういう動きを映画で持ってきたのは良かったと思うんですが、実際旅行に行ってやってることがいつものけいおん部のノリと基本的に変わりませんから。もちろん唯達の視点からは海外旅行って凄く刺激的なんでしょうけど、見てる側からしたら、自分がロンドンに行ってるわけでも無いし、と。(ロンドンの街並みや旅行の描写自体はとても丁寧で、それは良かったと思います。)リアルタイムでけいおんを見ているときはそこそこにけいおん!部の日常を見て楽しめてたと思うんですが、それはあくまでせいぜい20分強のテレビ版の話で、1時間以上続けられても楽しめるほど自分は彼女らの日常に面白みを感じてないんだなと感じました。

・天使にふれたよ

 最終回で披露された曲で、この映画は唯達4人があずにゃんへの贈り物としてこの曲を完成させ、演奏するまでを描いているんですが、しかし、映画の大部分を占める「ロンドン旅行」が、全然この曲の完成に寄与していないんですよね。少なくとも見える範囲では。この点が俺のこの映画への評価の低さの最大の要因だろうなと。ロンドン旅行のこの映画における意味があると思えません。例えばUKロックとか、そういう要素が作詞作曲においてヒントになればいいんですけど、この映画別に旅行先が熱海でもいいじゃん。

・唯「あずにゃんは私たちに翼をくれた天使なんだよ。」

なんだこの唐突な厨二ぶりは…。

・卒業ライブ

 ここはややよかったかな。何が良かったって、今までお堅い感じで描かれてきた先生が、最後に若干甘くなるって展開、個人的に好きなんですよね。それだけなんですけど。一方で、さわ子先生はけいおん部に甘すぎじゃ無いかなあ。もう教師の手の届かないところに行ってしまうわけですから、自分で規則違反をした責任はとらせるべきだと思います。けいおん部が自己責任でライブ強行して、あの先生が「終わったら反省文」とか言いつつ見逃すくらいがちょうどよかった。


 総合的に言うと45点くらいでした。あずcatが可愛かった。



Unmei♪wa♪Endless!(初回限定盤)Unmei♪wa♪Endless!(初回限定盤)
(2011/12/07)
放課後ティータイム[平沢唯・秋山澪・田井中律・琴吹紬・中野梓(CV:豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子、竹達彩奈)]

商品詳細を見る



ライヴ・イン・ロンドン [DVD]ライヴ・イン・ロンドン [DVD]
(2011/11/30)
イル・ディーヴォ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。