プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャン03・04合併号感想前編2011-12-20(Tue)

ONE PIECE

・古代兵器「ウラヌス」

 ちらっとですが、恐らく初めて作中に名前の出た古代兵器じゃ無いでしょうか。古代兵器は「プルトン」「ポセイドン」「ウラヌス」の3つ、と…。「ウラヌス」と聞くとセーラームーンを思い浮かべる世代です。

・赤イヌ対青キジ

 この辺りの情報が出てきただけで今週は結構面白かったですね。トップにどちらがつくか果し合いで決めるってのは正義の組織としてどうかと思うけど。ルフィ最大の壁である青キジを、ほぼ相討ちとはいえ負けさせたという意外性のある展開も良かった。元々自由人ではありますが、完全に政府の力を失った青キジが今後どのような形で「正義」を実行しようとするのかは中々楽しみでもあります。一方で政府が取った「策」というのも気になるし。

・黒ひげ

 黒ひげが手に入れた悪魔の実の能力は「グラグラの実」だけでは無いんですかね。黒ひげは「異形」により複数の悪魔の実の能力をと説明が得られると説明されてはいましたが、それでも恐らく「ヤミヤミの実」以外に得る能力は「グラグラの実」1つだけだろうと思っていました。

(黒ひげの「異形」については、実は双子説、二重人格説、イヌイヌの実幻獣種モデル「ケルベロス」説、などありますが)

或いは、黒ひげ自身が身につける能力は「ヤミヤミ」「グラグラ」のみでも、仲間達にも奪った能力を与えることが出来るとか?黒ひげが能力を奪う原理も仮説(ヤミヤミの実の引力で能力のエネルギーみたいなモノを引き寄せてる?)はありますがハッキリとしたことは作中じゃ説明されてはいませんし。

めだかボックス

・来年の生徒会選挙

 ら、来年…だと…?ていうか何で選挙?善吉の考える勝利は「めだかちゃんに惚れられる」ことなんだから、選挙の形で勝負を挑む必要がどこにあるの?めだかちゃんに惚れられるられないに関わらず、能力的には遥かにめだかちゃんが優秀なんだから生徒会長にはめだかちゃんに続けてもらうのがいいじゃんと思ってたんですが、めだかちゃんがこの学園にトラブルを呼び込んでるわけでもあるんだよな…。でも善吉は全然優秀じゃねーし。どっちが生徒にはいいんだぜ。

・安心院さん「僕がこの漫画を終わらせる」

 あれー?この漫画のメタネタってメタ的ではあっても完全なメタでは無いというか、あの世界を完全に「漫画」とは言い切って無かったと思うんですが、急に一線超えちゃった…。正直ココまで来ると萎えちゃうんですけど、それでもシリアスさを保っていられるかどうかは西尾先生の力量次第かなー。

トリコ

・ココの解説

 なるほど、「般若パンダと戦ってたらどうすんの?」って問題にも納得の行くアンサーを出してくれたのは良かったです。ただまあ情報が全部後出しなので頭脳戦としてはやはり出来がいいとは言えないんですが。個人的には何も言わずに食わせて欲しかったなー。ココがわざわざ言う意味がわからない。やはり少年漫画的に考えて、毒のある物食わせて殺すって展開はよろしくないんでしょうか。

・ライブベアラー対ココ

 この展開も残念。暴力で勝負をひっくり返そうってのは当たり前の発想で、カイジの利根川会長とかはありえないほどフェアってだけなのでライブベアラーさんがこういう行動に出るのはわかってるんですが、でもそれなら結局最初から暴力に訴えれば良かったじゃんってなっちゃう。「嘘喰い」はギャンブル漫画に「暴力」という要素を持ち込んだことが魅力の1つとされていますが、それでも主人公にとっては暴力はカードの1つに過ぎず、あくまでギャンブルという土俵で決着をつけるために用いています。今回はライブベアラーさんがココに瞬殺されたこともあり、あのゲーム自体にストーリー上の意味が感じられなかったんですよね。ライブベアラーさんのキャラクターも単なる小悪党に成り下がっちゃったこともあって、今週は色々残念。

・ポイズンポテト

 やっぱトリコならフグ鯨余裕じゃねーか!そして先週も書きましたが、トリコが特別旨そうなリアクションをしていないのと毒に全く苦しんでいないのとであまりカタルシスの無い展開だったと思います。

HUNTERXHUNTER

・密告者

 存在に触れられた当初はここまでクローズアップされるとは思わなかった密告者ですが、ツボネが「相当の使い手」と称することもあって、正体が誰だか気になって来ましたね。ツボネがそう言うレベルとなると恐らく旅団レベルなんでしょうけど、実際旅団員、例えばクロロがこんなことしているとは考えづらいし、カルトはアルカが嫌いらしいけど彼女はそこまでの実力者じゃないだろうし、ゾルディック家の他の誰かってのも、シルバが信じてキルアを送り出したのにそんな風に動く輩がいるってのはゾルディック家のルール違反にも思えます。

・清凛隊壊滅

 この展開は無いわー。ヒソカ無双し過ぎて、ハンター達の株を下げてるよ…。

HUNTERXHUNTERって、ヨークシン編でクラピカと組んで旅団にあっさり殺された仲間達なんかもそうなんですが、たとえあっさり死んでいくキャラクターでも各々それなりの覚悟や矜持の持ち主であることが描かれていることが大きな魅力の1つだと思うんですよ。特に、蟻編なんかでは圧倒的強者である護衛軍に対して立ちまわるモラウさんなんかに、プロのプロたる強さというモノを感じましたし。

 なのに、会長候補になる実力者であり、ブラックリストハンターという特に強さが要求されるであろう立場のブシドラさんが数十人の仲間と共に単独で挑み、ヒソカは傷一つ負わずに他のプロ連中も含めて返り討ちって展開は、彼らの実力を疑わざるを得ません。単体の戦力でヒソカに及ばないのは別にいいんですが、それでも他のメンバーと共に策を練り、ヒソカを手こずらせた描写があれば全然印象が違ったと思います。そういう不満から、正直今週のHUNTERXHUNTERは面白いと言えるレベルではありませんでした。

買ったよ!読み終わったらレビュー書きます。


JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVENJOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN
(2011/12/16)
西尾 維新、荒木 飛呂彦 他

商品詳細を見る


昨日発売の月刊ヤングマガジンで漫画版連載開始!


戦闘破壊学園ダンゲロス (講談社BOX)戦闘破壊学園ダンゲロス (講談社BOX)
(2011/02/02)
架神 恭介

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。