プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ05・06号感想前編2012-01-04(Wed)

ジャンプ05&06号感想

ワンピース

 1ヶ月で10トンって微妙な量ですね。ワンピース世界のテクノロジーレベルがどれほどかはちょっとわかりませんが、国営のお菓子工場にとってそう無理のある量には思えませんし、そのくらいの貢納品で国の安全が保障されるんなら良心的な印象も受けます。「金で弁償する」というルフィの提案を呑もうとするタマゴさんもお菓子に囚われない合理的な思考の持ち主のようですし。

ナルト

・四尾=孫悟空

 そ、孫悟空…。一尾は「守鶴」でしたっけ?尾獣がそもそもどんな存在かってのは気になるところだったので、彼らにそれぞれ名前があるってのは興味深い展開。「守鶴」は「分福茶釜」を愛用していたとされる住職の名前、孫悟空はあの孫悟空と、どちらも実在する伝承に基づいたキャラクターで、九尾は当然「九尾の狐」なんでしょうけど、名前の「九喇嘛」は何でしょうか?検索しても出てこないんですが、由来として思い浮かぶのは幽々白書の「蔵馬」?しかし、各々に名前があるとなると八尾を名前で呼んでいないビー様は本当にわかりあえているのだろうか…。

・ナルト「孫!」

 天津飯かピッコロさんみたいですね…。

トリコ

・ライブベアラーさん

 前回までの小物描写はこの改心展開のための前フリだったのかー…。そう考えるとなるほどって感じ。非常に強引ではありますが、改心したらしたで今度は死亡フラグが立っちゃったような…。実力の方はココに瞬殺されちゃうくらいだからなー…。

・メテオガーリック

 打ちあがって弾けるシーンは願いを叶えた直後のドラゴンボールを連想しました。全員がマッチョになるシーンは笑ったけど置いてきぼり感のあるトリコが珍しくて面白かったです。

HUNTER×HUNTER

・四コマ

 幽助wwwwwwwwww

冨樫先生やっぱ自覚あったんですねー。でも1コマで「殺すぞコラ」を3回言ってますけど、彼はここまでガラ悪くは無かったような…。後、ヒソカの書初めはやっぱりフル勃起のチン拓
後、冨樫先生がこんなどうでもいいオマケコーナーまでサービスしてくれるなんてどれだけ労働意欲に溢れてるんでしょうか。

・密告者はツボネ

盗撮、そういうのもあるのか!正直反則だろそれーって感じで釈然としないですけど。
(電子技術の発達した世界とはいえ見た目は普通のモノクルと全く変わらないのにカメラになってて映像を飛ばせるとか行き過ぎてる気がします。)

・イルミ「キルアは生涯苦しむだろう。俺はキルアの心の中で永遠に生き続ける…!」

発想が病気過ぎるwwwwwwww彼はキルアの心中で自分が大きな存在であればそれがどんな形でもいいんだなー。もはや愛情なのかもよくわからないぜ。
 ところで、使用人というゾルディック家の関係者であり、自分たちのために死ねると誓っている(はずの)人々を犠牲にするのと、全く無関係な人々を大勢犠牲にするのは全く別な話だと思います。イルミを殺すという「お願い」の「おねだり」で執事を犠牲にして、ゴンを救った後のおねだりでも自分の関係者を犠牲にしようという発想になってもおかしくないのでは?というか、執事の中でも地位の高い人を犠牲にしたら、おねだりに失敗した場合の犠牲が家族にも及ぶんじゃ無いでしょうか?それともツボネは管理職だから直接的に家族のお世話をしている時間は案外少ないのかしら。

・誰かを治した後のおねだりはノーリスク

 えー…。そりゃ無いってばよ…。流石にこれは(恐らくは「最後のルール」絡みで)別なリスクがあるんだろうと思うけど、でも全くのノーリスクでこんな絶大な治癒能力を使えるなんてことをイルミが信じるってのがイマイチわからないぜ。読者が「漫画のお約束」的にそれは無いだろう、というメタ的な見方をしているのと違って実際に作中の人物は目の前で起こった現象に矛盾が無ければ「そんなおいしい話あるわけない」とは思わないものですかね。

・テラディンさん死亡

 ブシドラさんに引き続きテラディンさんの小物描写…。何でこんなにプロハンターを貶めるのか…。しかも、ブシドラさんは実力が足りなかっただけ、という描写ですがテラディンさんは人間性もしょっぱいからなあ…。そしてあっさりやられるテラディンさん…。ダブルハンターでありながら、シーハンターで「強くはない」というモラウさんに「弱い」と断言される(ブシドラさんブラックリストハンターなのに)、人間的にも小物、狙われることがわかりきっていながら身を隠そうとしていない、など彼らのどこに星をもらえる要素があるのか疑わしいですね。ツェズゲラさんは弱かったけど、弱いなりにある種小賢しい戦い方を身に付けていたのに対して、彼らからは何も感じないからなあ。ハンター史上一番薄っぺらいキャラに思える。

DIOが小心者だった…


JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVENJOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN
(2011/12/16)
西尾 維新、荒木 飛呂彦 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。