プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年ジャンプ16号感想前編2012-03-19(Mon)

ONE PIECE

・侍の生首

 持ってるサンジと比べると、頭凄く大きく見えます。頭身が人間と同じであれば巨人なんじゃないのこの人?でも、首から下にかんしては特にデカイ描写は無かったので、単に尾田先生のミスかしら?

・「やべえ海軍だ逃げるぞ」

子供「海軍って良い人なんじゃないの?」

「そうだな。じゃあ行け」

子供「やだ!あの人達ヤクザみたい!」

 このやり取りは面白かったです。単純にギャグとしてのみならず、政府側が悪として描かれることが多いONE PIECE世界で、反政府である彼らが「とりあえず子供たちは海軍に任せた方がいい」という反応をするあたりが。

 子供たちの存在に関してはローも驚いていますが、彼も全く無関係という訳では無いようで、海軍に対して攻撃を仕掛けました。ONE PIECEでは麦わら一味に無関係な実力者同士の戦いは珍しいので、この展開は楽しみ。バトル漫画は主人公たちと敵より、第三者対敵の戦いの方が面白いことが多いんですよね。ローの能力も、一見して理解できるモノが多いONE PIECE世界では珍しいよくわからない能力ですし。

ハイキュー

・月島さん

 う~ん…この展開はちょっと…。俺がこの漫画を評価していたのって、主要なキャラクターにだいたい好感が持てる点が大きいんですよね。黒子のバスケに花宮が出てきたときもそうでしたけど、デスノートのような人間の暗部や、バトル漫画、格闘漫画のように暴力を主題とする作品でも無いのに、あからさまに性格が悪いネームドキャラクターを出されると嫌な気持ちになります。しかも、彼は恐らくは日向、影山らのチームメイトとしてこの先も大きく話に絡むわけですし。この後人間的に成長するとしても、最初から好感の持てないキャラクターというのは辛いんですよね…。

めだかボックス

・「少数派であることをむしろ望んでいた中学生の魂を」

 これはかっこいいなあ。。「厨二病」をこんな風に美化(?)出来るセンスは流石という感じ。しかし、厨二病と言いますが、中学生ってむしろ多数者心理に一番振り回されているような年代だと思うんですよね。学校ごとに違うとは思うんですが、不良扱いされない程度の不良行為をするのが当たり前と考えて、それに同調しなければいじめや仲間はずれに繋がるような、そんないやらしい年代だと中学時代を思い出して俺は思います。ガチで少数派を望むのはむしろ大二病って印象があるなあ。まあめだかボックスはフィクションですから、そんなにリアリティを追求する必要も無いんですけど。

 それに比べると、説教をしただけで結局「目安箱廃止」以外に自分がどうするかという建設的な展望を語れていないので凄くしょっぱく見えます。最後のめだかちゃんの演説は…まあ…。

・愚行権(デビルスタイル)

 これって「相手の主人公補正も無効化出来る」スキルってことでいいんでしょうか。違ったら自分がただ弱体化するだけだよね。そして、メタ存在である安心院さんも所詮は漫画の中だけのキャラクターであり、作者の思惑を外れることはありえないわけで、つまりいくら善吉が「主人公補正がかかってない」と言われようとも真の意味で主人公補正を排除出来てはいないのですから、なんだか空虚だなあと思いました。

HUNTERXHUNTER

・ネテロの息子

  ジ   ジ /
ジ ャ  ャ Z 関 げ
ャ |  /  / 羽 え
| ン ン   フ  っ
ン_____  ̄ ̄)/
∠∥∥ニ∥三ヾィろ__
∥∥∥/∥二二||、三/
∥∥‡_‡__||」∥∥
∥‡iヽ (ノ⌒<|||∥∥
‡ ハo/ ヾoフ ||ハ∥∥
  iヽ  ̄ ||ノ‡‡
  ∧ハ ̄ヾ、U||ヽ
  |∧  ̄~リ/|| ∧
  ||∧川///||/ \
`/||| ツ // ||  /
/ ||| | // ||ヽ/
ヽ/||| |// /|| L/

 三国志詳しくない俺でも初見で↑こう思ってしまうキャラデザ…。ネテロの息子というだけあって顔はよく似ていますな。しかし、「ネテロ」って苗字だったんだ…。HUNTERXHUNTER世界で、苗字で呼ばれる人物というのも珍しいかも…。しかもファーストネームはアイザック…知性のにほひのする名前…。

・「会長にそっくりだ」

 漫画で音声に関する描写は鬼門だと思います。演説自体はキャラを演じているところもあるんでしょうけど、ネテロ(父)のイメージからはかけ離れているのでむしろネテロとは別物と、声が聴こえない読者としては思いました。その後の部下に対する傍若無人な様子からはあ~ハンタのキャラっぽいなあと感じたり。

・暗黒大陸

 「異界」では無く「大陸」と表現していますし、行くこと自体は普通に出来るみたいですね。行けないのは政治的な問題からと。こうなると、ジンのような自由人が自分の意志で好き勝手に行こうとしないのが不思議。先週の段階ではジンですら目処が立っていない遥か先の世界という感じで、連載中にそこに実際に到達する可能性は薄いと感じていたんですが、これは暗黒大陸編来ますね。関羽さんの仲間の中にパリストンさんの姿があるのも良かった。

・休載

 あ~…ここまでか…。冨樫先生とは思えない長期連載、よく頑張ってこられたと思います。蟻編のまとめにはジンと来ましたし、選挙編、アルカ編もちょっとどうかとは思いつつも楽しませていただきました。ですから、マジで今年中に連載再開して欲しいと思います。イカ娘3期の次くらいに待ってます。


HUNTER×HUNTER 30 (ジャンプコミックス)HUNTER×HUNTER 30 (ジャンプコミックス)
(2012/04/04)
冨樫 義博

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。