プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ24号感想前編2012-05-14(Mon)

斉木楠雄のψ難

 以前から数度読み切りが掲載されていて、連載を期待していたこの作品。連載第一回目はなかなか面白かったです。
うん…「普通に面白かった」以外特に感想が出てこない…。うーん…。

・その手の漫画に出てきたら一瞬で興ざめするタイプのラスボス

 安心院さんですねわかります

トリコ

・食没

 食没=無限に飯が食えるってことか…。この漫画ではカロリー=MPみたいなモノなのでMPが何十倍にも増えるってのは確かに凄いんですけど、アレですね。
トリコは元から自分の体積の数十倍と思われる量の飯を平然と食ってたので、今更そんなこと言われてもなあと思います。
「自分の体積より多く食べる」っていうギャグ漫画描写を前提にして真面目に話を進められるとこっちもうーんってなっちゃう。

・感謝


 度々言ってますが、感謝という自然に出てくるようなモノをしなければ死ぬという状況に追い込んでさせるっていうのは凄くバカバカしいと感じるんですよ。
思うに、「食材に感謝」という発想がどこか偽善的なモノなのに、それが絶対的な価値観であるかの如くして、食われる側のはずの食材が喰う側の人間にまでそれを要求してくるというのが、ホントもうね…。

恋染紅葉

 中身は読み切りの焼き直しなのでどうということは無いんですけど、主人公に男女隔て無く友人がちゃんといて、彼らが積極的に協力してくれるという展開は非常に気持ちよかったです。
ラブコメ主人公ってたいてい女にモテることしか考えていない友人が1人だけいて、彼らはたいてい主人公の周囲にいる綺麗どころには関心を示さずハーレムを形成する主人公に嫉妬もせず、
むしろそのフラグ形成にあれこれ協力してくれているのに、主人公は彼のことを内心見下しているという構図が多いので、
主人公にネームドキャラだけでも4人の対等な友人がいるというのはとてもいいことだと思うんですよ。いいなー凄くいいなー。

いぬまるだしっ

 パンツ持って追いかけっこという展開を見るとワンピースのフランキーを仲間にする流れを思い出してしまう。まああっちはパンツを奪われた男がフルチンで取り返すためにおいかけるという展開なので今回とは真逆なんですが…。
しかし、こうもあからさまに巻きに入ってると、話の内容云々よりもああ終わるんだろうなあ…っていう寂しさを感じてしまうな…。
みなみ先生が言うとおり、外の世界同様に季節が進んで卒園ならあと1年弱やれたと思うんですけど、そこは大人の事情なんですかね…。

麻生先生の連載を祝って


ぼくのわたしの勇者学 1 (ジャンプコミックス)ぼくのわたしの勇者学 1 (ジャンプコミックス)
(2007/09/04)
麻生 周一

商品詳細を見る


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。