プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ35号感想2012-07-30(Mon)

NARUTO

 圧倒的なトビに対して、実力者達が連携プレーで対抗するところを見ると「本気で戦ってる感」があっていいですね。しかしカカシは神威という殺傷力なら作中最強と思われる技を持っていながら、未だにこの技で1人も仕留めていないんだよな……。まあ、「まともに当てれば即死」という技は当てさせてもらえないのが世の常なんですが……。メドローアも1人しか仕留めていないし。カカシって一定以上の実力者にちゃんと勝ったことはあるんだろうか、と思ったけどそれは他の色々な実力者設定のキャラにも言える気がするぜ……。まあカカシは再不斬にほぼ勝ったも同然ってところまでいってるからまだいいかな……。

黒子のバスケ

・「歴戦の王者」修徳高校「開闢の帝王」洛山高校

 テニスの王子様でも思うんですけど、これを叫んでいるのは一体誰なんだろう……?「開闢の帝王」とか興奮して叫んじゃったりするものなんだろうか……。しかし、「開闢の帝王」はかっこいいな。厨二力高いな。「開闢」はかっこいい。

・5人目

 先週、「最強チームの1人なのに見切れてるとか可哀想」って書きましたが、今週も名前が明かされることなく、顔は描かれましたが明らかに目が死んでいる、と敢えて無個性な印象にしているようですね。やはり黒子と同じようなスタイルの選手なんですかね。

・赤司

 スタメン以外の他の部員がナチュラルに敬語を使っていたり、上級生にタメ口だったりとやはり赤司の能力は「カリスマ性」なんですかね。アレですか。コート上の他の4人全員が彼を最大限活かすための動きをするワンマンチームプレイみたいな。つまるところ「それだよー!!赤司カッケー!!」みたいな。

 しかし、噛ませ犬になることは間違いないんだろうけど緑間のシュートは何度見ても凄いな。バスケのシュートなのになんかビームみたいな軌道だもんな。

トリコ

 踏みつけ(?)で核兵器級と思われる破壊力を生む牙王のパワーや、テリーが攻撃を避けながら懐に入りトリコが釘パンチをぶち込む、と小手調べといった様子ながら十分に迫力のある戦闘シーンで、やはりこういった肉弾戦を描かせたら島袋先生が今のジャンプでは一番だなと思いました。画力は低いのになあ。

・牙王:捕獲レベル127

 「四天王最強」設定のゼブラでも無くサニーの相手がトリコの相手を捕獲レベルで凌いでいるというあたり、やはりトリコは四天王最弱なんじゃ……と思ってしまうなあ。しかも先週見た印象では

マウントタートル>>(硬さの壁)>>牙王>(かっこよさの壁)>インバイトデス>(キモくないの壁)>キングオクトパスコング

だったのにね。「強そうな感じ」は。

 トリコもココもまだ焦りは見えないようですし、修業の成果を見せるためのバトルなので危なげなく勝ちそうなものですが、強調されていた「一匹」や会長のメッセージの件もあるので油断は出来ないですね。やっぱり四獣が合体するんだろうか。

ハイキュー

 「ごめんなあああ」っていう旭さんも一旦休ませようとする部長も過剰反応で救急車呼ぼうとする先生も良かったです。この漫画はホント嫌な気持ちになることが無いな。

 後半の、日向のエースコンプレックスに対して檄を飛ばす影山が良かったです。この漫画、影山みたいな口の悪いキャラでも励まし方が力技じゃ無いんだよな。旭さんに対する日向の説得もそうだったけど、

 「俺は○○だからダメだ~」

って卑屈になってる相手の卑屈さを叱るんじゃなく、○○を解消できる案を示して

「さあ、後はお前が頑張るだけだ」

って感じ。ただ精神論で奮起させるのではなく、問題への解決策を示し、相手の気持ち次第で光明が見えるところまで持って行ってから精神論で奮起を促す。この漫画のこういうところは「熱血」に支配されがちなスポーツ漫画にあって非常に丁寧だなあと思います。

ゴブリンナイト

 あ~面白いな。絵は拙いけど、話はなかなか。少年漫画的テンプレではなくリアリティのある悪党って感じのハゲの人も良かったし、ぶっきらぼうで熱くなりすぎる主人公をクールダウンしてくれるヒロインという関係性も良かった。戦闘シーンもなかなか暴力的な凄みがあって楽しめましたし。
 でも、俺は文系なのでわからないんですけど一度熱で溶けてから固まると金属って硬度が増すんですかね。その辺がなんか引っかかりました。後止めが崩れてきた鉄材で押し潰すってのはどうなんだろうか。

こち亀

 せっかくの日暮回なのに復活してから数ページでオチは酷いなと思いました。そして次回は連載40週年、2016年でしょうが、この漫画は出来ればそれまでに終わって欲しいなと思います。

パジャマな彼女

 眼鏡っ子と三つ編みが大好きな俺はこの子が一番可愛いと思うんですが、でも結局主人公に惚れたらとたんにどうでもよくなりました。ハーレムラブコメを読むと思うんですが、なんでみんな主人公に惚れるかね。当初恋愛対象じゃないと思っていた子が主人公に惚れる度に俺の中で漫画の格が下がります。

BLEACH

・白哉死亡(?)

 先週はあそこからの逆転もまだあり得るかなあと思っていたんですが、今週のやられようを見るに死んだかはともかく敗北は間違いないでしょうね。恋次やルキアが死んでるとは思えませんが、白哉に関しては「死んだんじゃねーの」と思わせることが出来ている点で、雀部さんの死は効いているなあと思いました。

・陛下「甘さだけが唯一の弱点」

 陛下ずいぶん優しいね。「預言者か?」とか言いながら部下を処刑していた人とは思えないぜ。アレは破面限定なんだろうか。そしてBLEACHは特にそうですが、少年漫画の敵で甘くないヤツの方が少数派だよなあとも。

・剣八

 先日出た小説版でも大活躍だった剣八ですが、果たして陛下に対してはどう戦うんでしょうか。剣八は藍染様に対してもそうでしたが、幹部級を相手にしてラスボスには絡まない印象があるので敵を3人ぶっ殺して陛下の前に、という展開は正直意外。

 剣八と言えばもう8年も前の「試し斬り」の伏線が気になってるんですが、クインシー達に対しては「解放しなくても強い」という最大の強みがあるので、やはりしないのかな。剣八がまだ始解も見せていないのであれば陛下相手に始解というのはアリかな。剣八は出てきたときの安心感が異常なんですけど、展開的には噛ませ犬感バリバリという……。

剣八が大活躍でした


BLEACH Spirits Are Forever With You II (JUMP J BOOKS)BLEACH Spirits Are Forever With You II (JUMP J BOOKS)
(2012/06/04)
久保 帯人、成田 良悟 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。