プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ40号感想前編2012-09-03(Mon)

BLEACH

・ジャンプ表紙の一護

 霊圧が消えて久しい一護ですが、なのにこうしてジャンプの表紙を飾っていると、なんだか刃牙や丹波文七を思い出します。

・剣八噛ませ犬

/:::/::::::::;: --- 、:::::::::|::::::::ヽ
        |::::|:::::::├――┤:::::::l::::::::::|
        |:::」.ィ ┴――┴‐- L::::::::|
       |´ : | , -‐ 、   ‐- 、| `T ト、     ありゃー
       l: : : |{  じ   じ  }: : :V::::::}     剣八とうとう噛まれちゃったのか・・・
        〃!: : | ー      ー | i: : }_/
      / |:i ; | u   '     jイ : ハ
          l:ト、:ト .  ^TTIト .イ/: /: :ヽ
       | ヾ ィ>イl川´}∨∠ェー ´
       _.. ヘ ヽ 川||/  ハー- ._
    , ィ''´    }  ンrtく  {      /ヽ
   /  l 、\ {_/ |o| \_}     /  ,
   {、 l  >--\   |o|     、 ,′   、
   ハ_} / _二ヽ \ Ll       V/     ヽ
   {  /   -- 、ン‐ヘ         {i   __}
   に7  ‐ァ-一'’_¨二\二二¨ `Y⌒ヾ_-―‐ノ
  //  /ヽ、<´ ミ=三ゝ=ミ `>ノ ノ  `ヽ |

 お気に入りであろう剣八をあっさりと噛ませ犬にする展開。特記戦力として数えられるなど、剣八が強いということは描写しつつ、その剣八がいつものように手加減せず、眼帯を外しても陛下には敵いませんでした、ということを1ページで示すのは見事。

 まあ剣八は小説版を読む限り相手に合わせて無尽蔵に強くなる(というか強さを引き出す)っぽいのでここから復活して陛下を圧す展開もあり得るんですが、最後に山爺と陛下が相対するシーンで引きにした以上それも考えにくいよな。でも剣八はBLEACHで一番好きなキャラなので活躍して欲しい気持ちもあるわけで。

・平子「あんな最前線で戦うてる総隊長もなあ」

 いや、共闘(?)してたじゃん……。


 山爺は正直今シリーズ序盤から老害の印象が非常に強まってたんですが、今週の炎を噴き上げながら迫るシーンとかはすげーかっこよくて、やはり師匠は演出面でセンスがあるんだなあと思いました。展開の遅さがそういった面を殺していたのが破面編でしたが、今は早いですし。

トリコ

 今までは大自然が戦闘の舞台でしたが、それが都市部へ移るとこうなるというのが新鮮でよかったです。美食屋などでなく完全な一般人が食われまくってる絵面はトリコとはいえなかなか危機感がありましたし。怪獣映画好きな自分としては、ムチみたいな蔓でビル群を真二つにする見開きは震えたなあ。

 一方で鉄平ら、人間界にいる実力者達が独自に動いて対処しているというのもなかなか好印象。ただ出来れば、。トリコたちの到着に時間をかけて(アレだけ広大な人間界の中心部なのに着くの早過ぎるだろう……)、その間鉄平が時間を稼いでくれるというのも良かったと思うんですがね。

 最後の緑の雨は「1時間以内に倒さなきゃ死ぬ」という状況を作り出す上で上手かったと思います。ユダシェフの存在もただバトル前の食事を提供しただけじゃなくストーリー上意味のある形で生きてくるし。

 しかし、ココはどうだか知りませんが残りの3人でもグルメ界の雨は未だ克服出来てないのな。どれほどの実力者でも毒タイプじゃ無い限り毒には無力って設定も緊張感があっていいとは思いますが(それだとココがほぼ無敵だけど)

インペアコード

 メインの父娘が好印象でした。ファザコンのヒロインもいいですけど、お父さんの娘思い描写が丁寧だったため「娘への思い」が奇跡を生むというありがちな展開にも説得力があって良かったです。

 バトルとかはまあ……普通、かな。


黒子のバスケ

・アンクルブレイク

 あー……前回高尾が転ばされたのは、「実際にある技術を赤司が使うとこうなりますよ」って描写だったわけか。なるほど。「相手を転ばせる能力」というと地味な感じですけど、バスケでは無敵に近い上、「頭が高い」とも相まって赤司の圧倒的強者という演出に役だってますね。

・天帝の眼

 天帝の眼wwwww凄いなあ凄いハッタリだwwww

 なんだろう、この「確かに凄いけどそりゃ言いすぎだろう」感は。でもそれが寒いとかでは無く、なんか心地いいのが不思議ですね

こち亀

 両さんが鉄人レース的なイベントに出る話も定番な感はありますが、面白かったです。煙幕に乗じて銃を構えた軍人を背後から襲う両さんの図はシュールで笑いましたwwwもちろん絵面はまともなんですが、こんな状況にいたってしまったことが笑いを生んでいるというか。

 しかし秋本先生もギャグで「部長と署長は外道」という描写をしてるんでしょうけど、最後の「クビですね」「当然だ」はなんか笑えなかったです。俺だけかも知れませんが、ギャグで済むこと済まないことの線引きって難しいですね。




                                                                
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。