プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ2012年49号感想2012-11-05(Mon)

ニセコイ

・1週年

 作中時間で半年くらい? 漫画の時間の進み方としては早い方でしょうか。確か「3年間恋人同士のフリをしてもらう」という設定だったと思うので、それに従って3年間を描くとしたらこのペースだとあと5年? 流石にそこまで引っ張るのは無理だと思うし(たった半年の現状でも恋愛パートを目一杯引き伸ばしてるのに)、こんな漫画が5年も続くとか勘弁してください……。

・フィギュア

 ニセコイは本物のクソ漫画だと思うんですが、それはそれとして雑誌としては押しているんでしょうから、もっと出来がいいフィギュアにしようよ……。

・劇

 前回、「劇が台無しになっちゃう」と泣いている小野寺さんのために(何故か)千棘をジュリエットに選んだにもかかわらず、実際始まった劇はめちゃくちゃ。千棘が台詞覚えていないのはまあ仕方ないんでしょうけど、「次の台詞なんだっけ?」と客に聞こえる声で言う千棘……。メガネ君のアドリブでなんかコメディタッチで進んでますけど、これ普通なら完全な失敗なわけで、小野寺さんの期待にはまるで応えられていないよね。マリーさんはまあこういうキャラではあるけど、千棘と楽の仲を疑う描写を文化祭編冒頭で挿入しておいて、結果物理的に劇を邪魔するという行動に出たクロードさんはね……。もうね……。そういうことをコメディで済ませてしまう姿勢が、好きになれないんだよなあ……。「ラブコメディ」ですからコミカルさは大事でしょうし、それがニセコイの人気の一因ではあるんでしょうけど、ギャグで片付けてはいけない部分だと思うんですよこれは。

・ニセコイがマジコイに

 小野寺さんの中学時代からのマジコイは全く前進しないけどな

 アレですね。この2人は勝手にくっつけばいいと思うんですけど、小野寺さんはホント可哀想ですよね。古味先生には何も期待しないので、同人誌とかでもいいのでニセコイファンのどなたか、小野寺さんが楽以外の善良で彼女を大事にしてくれるキャラクターとくっつくストーリーを描いていただけませんか。るりちゃんとの百合√とかね。そういうの見つけたら買うかも知れません。

トリコ

・グルメ宇宙旅行

 地球の自然環境がアレだけインフレしているこの漫画ですが、宇宙にも進出してるんですね。しかし宇宙旅行で「グルメ」って、宇宙船内で宇宙食食う以外に何かあるんですかね。無重力じゃなきゃ作れない料理とかあるんでしょうか。

・梅ちゃんっぽい人物

 あっ生きてたんだ

・捕獲レベル1000超え

 そ……そんなところでインフレすんの……。四獣の圧倒的な強さやバトルウルフらと渡り合っていた回想から、グルメ界でも上位の実力者だと思ってたんですが。正直この漫画のインフレもそろそろ上限を見せて欲しいんだよなあ。

斉木楠雄

 作中で言われている通り、ギャグ漫画のオチには次週では完全に無かったことにされるものと持ち越されるものがありますが、「全員坊主」は後者のようで。斉木が坊主頭で現れたときは「おおやるなあ麻生先生」と思って、途中で坊主じゃ無くなったことに「まあ実際キツイもんね。ギャグに消化してくれただけましか」と思ったんですが、最後に「全員坊主」のオチをまた持ってくるとは。上手いですね麻生先生。で、来週以降はきっちりクラス全員坊主なんですよね?

BLEACH

・一護は陛下の息子

 なん……だと……?

 いや、ベタな展開なんですけど、じゃあ一心はなんなの? 「一護は親が死神の真血」って設定は何だったの?ていうか、何故一心さんが死神なのか、についても結局明かされないままじゃないですか。なのにどうしてまた新たな血縁を持ち出すんですか。

 これ、「親父が死神」「真咲がクインシー(の血を引いている)?」「陛下が『息子』と呼ぶ」の3つが矛盾なく成立するには、陛下の「息子」が言葉通りの実子という意味では無いと解釈するのが妥当でしょうかね。アレですよ。幽☆遊☆白書の「魔族大隔世」。陛下は最低1000年は生きているはずなので、嘗て種付けした女の子孫が真咲で、それが死神一心とまぐわい、一護が生まれた、と。

・藍染様が弄ってた

 ああ、結局こうなるのかよ……一護何の役にも立ってないじゃんとか思ったんですが、それはそれとして撤退の理由として藍染様を持ってくるあたりが、前回のラスボスを小物化させず(終盤でめちゃくちゃしてたけれど)、その能力をラスボスにも脅威として働いていて少し良かったかな。藍染様今は封印されていて能力も何も無いはずですが、桃園さんの「時間の感覚を狂わせる話術」とか使ったんですかね。

 でも陛下、「僅かに狂わされた」程度で活動限界時間を迎えるなら、零番隊と戦うとかどっちみち無理じゃないですか……。

クロスマネジ

・暴力女「この部にヤル気のないやつなんていねえ!」

 ウッソだ-。だったら創部1年経って試合やる人数に足りなかったり、ロクに練習メニュー組んでなかったりしないでしょ。俺ならお前らヤル気無いんだろやめちまえって投げ出しそうですよ。そして、そういう当たり前のことを突かれて暴力を振るうベリーショートの人が不快で仕方ないです。

・早見先輩

 ずーっとヘタレだったのが勇気を出してみたら主人公補正に捻り潰された小野寺さんを見ると、正ヒロインという豊口さんの運命力に必死こいて抗おうとする彼女の姿には胸が熱くなりますね。別に好きじゃないですけど



恋染紅葉

 今週タカマガハラが終わりましたが、この漫画は来週で終了なんでしょうね。なんていうか、アレだなあ。こちらは打ち切りが決定だからというのが理由ではあるんでしょうけど、それでも先週由比ちゃんからの告白を振りきって、今週も焦らしつつラストで篠宮さんに告白、「私も好き……かも!」という返事は、なんていうか良かったなあって感じですよ。良かった。小野寺さんなんかね、アレですよ……。

タカマガハラ

 うん、終わっちゃいましたね。まあ終わっても仕方ないかなという感じではありますね。作者の変態的なセンスとか、タカマガハラに昇ってからの展開とか、個人的には琴線に触れるところの多い漫画だったんですけど、人気漫画になりうる要素を持っていたとは言い難いかな、と。失敗の要因は……絵柄に華がないとか女の子が可愛く描けてないとか題材の日本神話が少年漫画としてはキャッチーでないとか色々あると思うんですが、個人的には、「パンチ力が凄い」ようにしか見えない主人公の神業の正体を引っ張りすぎたことでしょうか。

読み切り

 まあ、面白い……かな?





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

keurdwx@outlook.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。