プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ8号感想2013-01-21(Mon)

ナルト

・サスケ

 あいつ何やってんだろうなあと読者みんなから思われていただろうサスケ! 出てきたことにはちょっと驚いたけど、サスケが何でここにいるのか全然覚えてないのでコメントはしません。

・ナルトがチャクラを分け与える

悟空「みんな、オラにほんのちょっとずつだけ元気をわけてくれ!」

ナルト「みんな、俺がチャクラをたっぷりわけてやるってばよ!」

ナルトは神様だなあ。なんというかもう、みんなの力を借りて戦うとかそんな気全然しないっすね。

 でも、今週のナルトは素直に良かったと思います。「仲間を守る」というナルトの覚悟に対してその仲間をついさっき死なせてしまったという現実をハッキリ突きつけて、それでも尚仲間を守ると彼が吠えるのは、現実で理想を貫く痛みをちゃんと描いているというか、そんな感じ。だからこそ最後の

「オレは本当のネジをここに置いときてえ」

という台詞も映えるんじゃないかな。今週のナルトはちゃんとかっこよかったです。何年ぶりだろうか。そう思うのは。

暗殺教室

 ううん、なんていうか釈然としないなあ。いや、教室にビッチ先生が必要ってのはいいんですよ別に。ただ、だからロブロさんが引き上げるっていうのがね。ひたむきだろうが努力家だろうが、彼女が能力不足なことと、殺せんせーに実際通用しないってのは事実なわけで、努力の有無に関わらず(もちろん有能なら最大限努力するでしょうけど)元から殺せる確率の最も高い人材を派遣するのがプロとして当然なのでは。
 
 この作品全体に言えることなんですが、「教育」と「暗殺」の2つのテーマのうち、不自然に「教育」に傾いているんですよね。殺せんせー自身が「教育」を重視するのはそりゃわかるんですが(彼のは戯れの先生ごっこですし)、地球滅亡か否かがかかってる暗殺者達までそうっていうのがね。この緊張感の無さを松井先生が意図的に演出しているなら話は別ですけど。

トリコ

・美食會襲来

 BLEACHもそうですけど、敵の大軍がガーッと来て、味方サイドもそれに総力で応戦ってのは見てて楽しいですね。「本気出してる感」がある。今ではザコ扱いされちゃいそうな捕獲レベル90の猛獣がちゃんと人間界ではトップクラスって感じの強さを発揮しているのも好印象。

 しかし見開きだとGTロボが数百体いるように思えますが、美食會って戦闘要員がこんなにいたんですね。こいつら各々の操縦者がどの程度の実力かわかりませんが、支部の平クラスだとしても初期の四天王を手こずらせる程度の実力ではあるわけで。しかも旨いモノ食えばパワーアップする世界でしょ? 凄いなあ美食會

・四天王対スタージュン

 小松はホントヒロインだなあ。スタージュンはやはり熱(体温かな?)を操れるっぽいですけど、「致死性の猛毒」が「熱消毒」で無効化されたのには悲しくなりました。ココお前それ、グルメ界行ったら毒が使えない状況がいっぱいあると思うんだけど。トリコの「表へ出な」はかっこよかったです。トリコは凄んでるシーンがちゃんと絵になるのがいいな。絵は下手なのに。

食戟のソーマ

・十傑評議会

 理事会みたいなものだと思ってたら、アレかwwww学園漫画の定番「教師より権力のある生徒会」wwwww

・第十席えりな様

「ククク、えりな様がイッたようだな……」

「奴は我ら十傑集の中で一番の小物……」

「編入生如きにイカされるとは十傑集の面汚しよ」

みたいな。メインヒロインが一番の小物だったってだけでオレは大満足です。凄いなあwww えりな様は味覚だけなら十傑集一だったりしないかしら。むしろ味覚だけで十傑集入りしたとか。

 裸エプロン先輩が第七席だったのもいい感じで、なんていうか、「俺好みの漫画」になってくれるのではという期待が。

地下牢で

「らめなのにぃっ……もう食べたくないのに口が止まらないのおっ」ビクンビクン

みたいな感じで罰を受けてるえりな様とか、来週本気を出した一色先輩の料理を食ったソーマが

「うめええええええええっいぐうううううううううっ」ドピュドピュッ

みたいな展開があったらもっといいんだけど。

ニセコイ

・るりちゃんメイン回

 文化祭編では霊圧が完全に消えてたるりちゃんですけど、ここに来てスポットライトが当たったのはなんていうか、あの千棘偏重展開が未だに尾を引いているのかな、と思ってしまいます。それはそれとして、彼女はニセコイで一番キャラデザが好みなので、たくさん出てくれることは嬉しいんですけど。

・眼鏡を窓の桟に置いて教室に眼鏡拭きを取りに行くるりちゃん

 い、意味がわからないぜ……。古味先生は本当に自然な展開を描くのが下手だなあ。るりちゃんが裸眼ではまともに歩けない程目が悪い描写をしているのに、なんでこんな導入にしちゃうんだろう。あれに比べればまだ外した瞬間どこからか入ってきた猫が奪って行った、のがマシだと思います。

・舞子「邪魔しちゃダメだよ」

正直俺は完全に忘れてたのでこれを材料に非難するのは厚かましいとも思うんですが

2012010600190134d.jpg

彼こんなこと言ってるんですよね……。(8話「ホウモン」より)
まあ読んでいる最中は全く気づかなかったので「導入の下手さに目をつぶれば良く出来てるじゃん」と思ってたんですが。

後、ニセコイそのものとは全然関係ない二次創作なんですが、先日読んだ下の作品の影響でるりちゃんと舞子君の絡みを見るとなんだか怖かったです。

ニセコイ二次創作「テンコウ」

BLEACH

・浅打

 浅打の名前はだいぶ前に出てましたけど、斬魄刀は誰が打ってるのかとか、死神はどうやって手に入れるのかとか、そのへんが明かされただけでも面白いです。なるほど。支給品なのね。しかしこの人、この外見で2000歳以上なんだよな……。

・剣八対剣八

 卯の花さんのことを剣八が知っていたっぽいのは意外、と思ったらどうも昔戦ったことがあるみたいで。やちるを拾ったときにはもうあの目の傷はついていたと思うのでそれ以前に戦い、そして憧れるようになったってところかしら。平時の穏やかな卯の花隊長と般若のような恐ろしい「剣八」の違いを演出出来るのは流石のセンスだよなあ。

アルベリーと哀れな悪魔憑き

 天野洋一先生は画力だけ凄く高い漫画家という印象なんですが、中身もそこそこ読める感じで面白かったです。突っ込みどころはありますけど。

・1回で5年寿命が縮むアイテムをホイホイ使う主人公

 うん……これが一番の突っ込みどころかな。使わないでしょ……。それとも主人公はジャックハンマーのように今日ヒーローになれるなら未来なんかどうでもいいぜって考え方なんだろうか。それほど保身を考えてないなら不良にも立ち向かえそうなものですが

・神道の神対悪魔

 神と悪魔は定番中の定番なんですが、なんで西洋風の悪魔に対して日本の神なんだろうか。キリスト教の神だとあまりに強大すぎる上色々と面倒くさいのかも知れませんが、天使でも良かったのに。「信仰が強さの源」という設定からすれば神じゃなければいけないってことですかね。

・神「処女の信者がいるから最強」

 処女をありがたがるのは一神教的な考えで日本土着の神が処女にこだわるのはおかしいらしいですが、でもこれは評価したい。「処女の信仰心は最強だろ!!」って言われたら、なんかうんと言ってしまいそうな勢いがあったので。おかしいんだろうけど。

・ブリーフに幻滅して信仰心を失う

 じゃあ悪者とわかった時点で失おうぜ……。

斉木楠雄

・居眠りキムチ

 クッソwwwwwwwwww

 これは単なるパロディネタってだけでなくニセコイへのdisってことでいいんでしょうかね。元ネタと違ってこれで無しにすることなく話の中で消化するあたり、やっぱりこの漫画は上手いよなあ。非常に良くできた皮肉だと思います。

・記憶消去

 燃堂達って一度死んでるの?

めだかボックス

・めだか死亡

 アッハイ


ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1
(2012/09/29)
ブラッドレー・ボンド、フィリップ・N・モーゼズ 他

商品詳細を見る






 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ivblias@outlook.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。