プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまこラブストーリー感想2014-05-16(Fri)

 アニメ「たまこまーけっと」の映画「たまこラブストーリー」を見てきました。当日はレディースデイだったのもあるんですが女性客も多くてちょっとびっくり。



 3年生に進級し、皆が進路を考える中、映像を学ぶため東京の大学へ行くことを決めたもち蔵はたまこにそのことと、そして半ば場の勢いで恋心を打ち明けます。
 ずっと一緒だった幼馴染が地元の商店街を離れる、そして恋愛感情を打ち明けられる。たまこがそれまでの日常の大きな変化に戸惑い、そして告白への返事をするまでが描かれています。

 齧っただけの知識ですが、創作の「ストーリー」は「プロット」(作品全体や編を貫く大きな流れ、一般的に言う「ストーリー」)と「テリング」(プロットを展開していく、小さなエピソード単位で見た話の流れ、描写の仕方)に分けられるそうです。
 この映画のプロットは上記の通り王道というかごく普通で、見に行く前の予想を特に裏切るところは無かったんですが、後者が非常に良かった。
 
 もち蔵の告白を受けたたまこはこれまでの互いの日々を思い返します。向かい合ったもち屋とケーキ屋に生まれ、一緒に育ってきた二人。その関係性が周囲を交えて極めて丁寧に描かれていました。
 僕がTV版「たまこまーけっと」を好きだったのもこのあたりが大きく、周囲の人達の描き方が物凄くいいんですね。
 それぞれの両親、相手の親、親同士の関係。友達。ご近所の人達。
 どれも劇中で無駄になっておらず、二人がいい人達に囲まれて成長してきたことがよくわかります。
 
 特に、たまこの父・豆大はTV版9話で触れられたたまこの亡き母・ひなことの恋についても劇中でより掘り下げられ、非常に魅力的なキャラクターになっていたと思います。
 また、TV版では終始、劇場版でも基本いがみ合っていた吾平とも一緒に飲みに行き、東京の大学へ進学するもち蔵のことを相談(?)されています。
 その際、酔った吾平の絡み方から見て二人は親友と言っていい間柄なのでしょう。
 そのことは唐突にポンと明かされるのですが、それでわかる、普段のいがみ合いがある種互いのポーズというかじゃれ合いのようなものであることに違和感が無い。
 新事実が唐突に明かされてもごく自然に受け入れられるというのは、それだけ積み重ねが大きいからなんでしょうね。

 そういうわけで、「たまこラブストーリー」はTV版を好きだった人にはきっと大満足の、とても幸せな作品だったと思います。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

wcnazpe@outlook.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。