プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ベイマックス』感想2015-01-11(Sun)

 レイトショーで見に行ったんですが、正直あんま面白くなかったです。

 主人公サイドに魅力的なキャラは多いしディズニー映画だけあって動きは見てて楽しいんですけど、どうにも合わなかった。モヤモヤする。
 多分モヤモヤする要因は作中のリアリティというかテクノロジーレベルが不明瞭なことですかね。
 作中全体のテクノロジーレベルは多分現実より少し進んでるくらいだと思うんですよね。で、大学生のタダシがベイマックスを作れるのはまあ~って感じで騙されてもいいけど、主人公のヒロが天才少年設定とはいえマイクロボットとかゼミのメンバーのスーツとかドラえもんレベルのアイテムをバンバン発明できるあたり萎えちゃう。なんじゃそれってなる。
 いやまあ、初めから人知を超えた超常の天才くらいに描かれてるならありなんですけど、ヒロの天才レベルは普通の、というか、年齢の割に凄く高度なことが出来るくらいに見えたので。その気になればあんなものを生み出せるヒロが尊敬していたロボット工学の権威キャラハン教授が復讐をヒロの発明品頼みってそりゃねえだろと思う。

 多分、あの大学が超天才揃いで他のゼミメンバーも各々の発明品を持ちだして来てキャラハン教授に挑む、対するキャラハン教授も数々の発明品で迎撃、とかだったら「そういう世界」ってことでありだったんですけど、ヒロの天才ぶりがご都合過ぎて。

 敵(?)の社長が発明したワープゲートの適当な扱いもどうも。

 まあそこを抜きにしても全体に適当さが目につく脚本だったと思います。話が単純なのはいいんだけど、単純ならモヤモヤする要素を入れないで欲しいんだよな。




 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

nnaxoyi@outlook.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。