プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ2015年10号感想2015-02-03(Tue)

トリコ

・金玉が鈴になり、「旨味の音色」を発する。

 あ、面白い……。グルメ界に入ってからは何もかもに辟易してたんですけど、「音で満腹」には逆になんかいいや。何だろう。多分猿王への好感度の高さもあるんでしょうね。トリコ達はともかく猿王側は完全に遊び、という緊張感の無さも逆に心地いいです。

 暗殺教室

・理事長の過去

嘗ては私塾を開き、生徒の長所を伸ばす、「いい生徒」を育てる教育を実践していた←うん

「いい生徒」だった元教え子がいじめで自殺し、「強い生徒」を育てねばと思った←ま、まあ

学園内に学力によるヒエラルキーを設け、最下位へのいじめを助長するシステムを作った←は?

 いやーちょっと無いですわ。『幽☆遊☆白書』では仙水の変遷が「クソ真面目な奴は極端から極端に走る」とか評されていたけど、それと比べてもこちらは共感できない。トラウマの発端になったいじめっ子と同じことをやってるんでしょ?

 高い理想、それ故の目的意識を持って邁進していた人がいつしか目的の方に取り憑かれて理想と正反対の方向に走っていた、というのはあり得る話でしょうし、じっくり描けば皮肉さもあって面白いと思うんですが、回想を見るに理事長は葬儀の席で180度スイッチが切り替わってるんですよね。そりゃー無いわと思う。

 後、回想はせいぜい10年前くらいの話なんでしょうが、多分理事長は当時既婚者で学秀君も生まれてますよね。家庭でも良き父親であったろう理事長が事件を契機に一転して息子を自身の教育のモデルケースとして扱いだしたと思うと奥さんとかどうだったんでしょうね。洗脳されてるの? 

ソーマ

 今週はソーマが1番面白かったです。個人的に、ソーマってあんま好きになれない漫画で、多分その理由としては設定・展開のいい加減さや嫌味さへの辟易が大きいと思うんですが、今週はそういう「嫌な感じ」がまるで無かった。全てのキャラの好感度が高かった。
 まず、優勝した葉山くんが汐見教授に抱きつき、ハッとして赤くなるシーン。これ凄くいいですね。
 先週までは葉山くんってあんま好きなキャラじゃなかったんですが、今週のここだけで好感度がバク上げですよ。趣味が多分に入ってますが、凄く可愛い。
 また、平時のあのスカした態度についても堂島さん視点で理由付けがなされ、葉山くんのキャラクターが今週でグッと引き締まった気がします。

 また、敗けた黒木場くんをポカポカ叩いて泣くアリス。そこだけで可愛いんですが、「テメー」呼ばわりされて出た台詞が

「絶交よ」「反省したら謝りに来なさい」

 いやー可愛いですね。単純に子供っぽい可愛さもありますが、何というか、二人はしょっちゅう喧嘩してて、且つ仲直りもしてるんだろうな、という関係性の奥行きを感じさせるのが素晴らしい。
 その後、アリスがお母さんに甘えてるあたりもいいし、何というか、今週のソーマはいつもと違い、しっかりとした土台のようなものを感じました。

 その後、3人でギャーギャー言いながら葉山くんの品を食ってるシーンもね、いいですね。出来れば決勝戦全体を通してもっと好感が持てるように描いて欲しかったけれど。

 最後の親父との電話、「出会うことでしか料理人は先に進めない」との台詞もいいんですが、今週のソーマはこれまでに無かった堅実さ、関係性の広がり、これからへの展望を感じさせる内容で、非常に好感が持てました。
 ソーマが1番盛り上がった回は多分合宿編で四宮先輩に食戟を挑むシーンだと思うんですが、個人的には今回がソーマのベストエピソードだと思います。

・えりな様

 1人で皿に向き合っても……とか言うけど、大丈夫。えりな様にはいるじゃないか。秘書子が

卓上アゲハ

 今週は普通に面白かったです。同じ純白筋を持ったキャラにスポットを当ててもどこかの塩漫画とは違いますね。
 しかしまあ、今さら打開策を見せても体力的に1ゲームとるのがやっとでは。

ワルトリ

 ワルトリは本当に「それなりの優秀さ」を描くのが上手いですよね。
 抜きん出て強いというわけじゃないキャラもちゃんと地に足の着いた戦術理論を身につけていて、智将の東さんでなくともA級スナイパーは三雲隊の戦術の何が優れているのか、をその場で言葉で説明できる。
(また、東さんが「古寺に全部言われちゃいました」と彼を持ち上げつつ場内の笑いを取っているあたりも人間的な余裕が感じられていい)
 諏訪隊荒船隊も各々適切な動きを取っていることなども含め、本当にしっかりした漫画だと思います。

 ユーマも、A級相手に規格外に強いわけではないことがわかっていますし、次回、A級上位の実力者である村上さんとはどのくらい戦えるのか、とちゃんと気になる引きも出来ているよなあ。ランク戦からは一旦視点を外して捕虜になったヒュース、或いは本国に帰還したアフトクラトル組を描く展開もあるかもね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。