プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ2015年35号感想2015-07-27(Mon)

ヒーローアカデミア

 おお熱いな。
 無理して笑うデクくんとステインさんの素敵な笑顔の対比がよかったです。
 この場で二人を出し抜くためにあれこれ思考を巡らせた結果、どう考えてもステインさんと戦うことは避けられない。ヤバい。死ぬかも知れない。そんな状況で活きる、オールマイトの「笑え」という教え。
 以前の死柄木さんといい、堀越先生は表情を描くのが上手いですね。

 しかし、デクくん⇒轟くんと同じパターンを繰り返しちゃうと、来週轟くんがやられても他の誰かが……という気になってしまってよくないですね。オシシ仮面メソッドだ。

背すじをピン!と

 いいなあこれ。
 土屋ワタリペアのダンスはレベルで言えば初歩の初歩なんですが、それでもしっかりと緊張感のあるものに仕上がっているのがよかったです。
 普段は余裕のある先輩たちが冷や汗かきながら必死に観戦してるとことかね。なんていうか、別にダンス人生とか部の命運とかかかってるわけじゃ全然なくて、多分失敗しても「よくあること」ではあるんだろうけど、それでも臨んでいる二人は必死だし、先輩も先生もそんな二人を手に汗握って見守っている。
 土屋くんが「たかが1か月だろうと頑張ってきたじゃないか」と言ってますけど、そうなんですよね。積み重ねの期間が長かろうと短ろうと、今頑張っていることは本物。初心者二人を主人公に据えた漫画で、そういうところに真摯なのはすごく好感度が高い。


相撲

 背景にあるエピソードは熱くていいんですが、技自体は「こんな予備動作のデカい技が決まるわけないだろ」と思ってしまう……。

ワールドトリガー

・唯我さん

 予想通り太刀川隊にいる理由はスポンサーの息子だから。でしたが、今週になるとなかなか憎めない雰囲気を出していていいですね。そして結局合成弾は会得できないままに本番。   
 まあ、「新技を覚えても上手く使えるようになるには経験がいる」というならこのタイミングで教わったところで付け焼き刃でしょうし、嵐山さんから教わった方の技を模擬戦で磨くことができたことを収穫と考えるべきか。
 しかし、同じ相手とばっかやってると変な癖がつきそうじゃない?

・東隊と影浦隊

 東隊ミーティングの和やかさがよかったです。東隊は上に行くとかでなく、東さんの戦術論を広めるための隊ってことかも知れませんね。東さん以外の隊員はしょっちゅう入れ替わるし、A級隊員にも東隊出身者が数多くいるとか。
 影浦隊ですが、影浦さんみたいな人も自分の隊では隊員に茶化されたりしてるんだなあ。
 北添さん、「斜線は関係ない」という東さん評からすると何かあるんでしょうが、何でしょうね。トリオンモンスターではないだろうし。なにかサイドエフェクト持ち?

・解説の加古さんと風間さん

 チョコもしゃもしゃしてる風間さん可愛いな。風間さんは女性隊員に可愛い可愛いって言われててほしい。綾辻さんも可愛い。

・二宮隊隊服

 黒のスーツwwwwwwww

 麟児さん行方不明の時もスーツ姿でしたけど、なるほどあれって隊服だったんですね。
 コミックスでの太刀川さんについての解説で「二十歳を過ぎても二刀流&黒のロングコートというスタイルに照れを見せない猛者」とか書かれてましたが、隊服に黒スーツを設定しちゃうセンスはロングコートより全然恥ずかしい気がします。
 二宮さん、きっとプライベートではトランプをシュパッと投げる練習とかしてるんだろうな。無駄にスタイリッシュなフォームでの射撃に長けてるんだろうな。銃型トリガーを持ったら水平に構えちゃうんだろうな。コミックスの解説はよ。

読み切り

 絵が上手かったり主役二人が頼れる大人だったり誰もが予想するであろう「おじさんが黒幕」パターンではなかったりとけっこうよかったんですが、面白い作品だったかと言われるとちょっとなあ。
 連載を見据えた場合主軸となるであろう眼帯さんの因縁とかが、この読み切りだと特に興味を持てなくてふーんという感じ。バディモノ(多分)なんでしょうし二人を平等に描いてもよかったのでは。

ソーマ

 久我飯店が百点満点の店ではない、というのは万人受けしない、という意味なんですかね。でもそれは四川料理としては当たり前のことで、それで尚圧倒的な売上を誇っているならそこに文句は付けられないと思いますが。どうなるんでしょう。

 実は辛いものを大量に摂取したせいで下痢になって学園祭を回る中脱糞する人が大勢出てたりするのだろうか。んなわけないな。

包丁人味平 全12巻セット (集英社文庫―コミック版)
包丁人味平 全12巻セット (集英社文庫―コミック版)ビッグ錠 牛 次郎

集英社 2012-02-01
売り上げランキング : 413853


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。