プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ2016年2号感想2015-12-14(Mon)

ソーマ

・圧倒的勝利――!!

 お、おう……。
 すごい……すごいぜソーマ。もともと話の展開については褒められたものじゃない漫画だったけど、学園祭以降急降下していく。
 こんな怒涛のクソ展開ではヤバイのではと思いますが、ONE PIECEもドレスローザ編クソクソクソ展開続きだったのに人気急落とかしなかったからな……。一定の人気を得るとよくも悪くも急落することはそうそうないか。いやまあ、BLEACHの例があるけれど。

 あと、今さらですけどこの漫画、グルタミン酸とかイノシン酸とか、旨味成分の名前挙げるの好き過ぎでは……。もちろん料理を美味くするのに旨味成分は欠かせないんでしょうけど、どうも芸がないというか。

暗殺教室

 こっちもソーマと同じで茶番もいいとこなんですけど、殺せんせーへのファッション暗殺の前には全てが霞むというか、もういいじゃないこの漫画はこれでという感じだ。

殺し屋ドミノ

 けっこう好きですね。少女とドミノさんの掛け合い、ラストのピタゴラスイッチ暗殺が見ていて気持ちよかったです。
 英ちゃんは最初どうやって屋敷を抜け出したんだよとか真相を知ったことでのパパへの心変わり早過ぎるだろとかドミノさんがランク低い理由はなんなのとかアレなところもあるんだけど、普通に面白い。

相撲

 あー、たしかに、殴れないよな……(張り手だけど)。格闘技ってルールが存在しお互い対等な条件で望んではいるけど、たしかに暴力を振るってはいるわけで。

 かつてはヘラヘラ笑いながら殴っていた部長を、悔い改めた後はたとえ競技としてであっても攻撃することに引け目を感じてしまうというのはユーマさんの真面目さを表していてすごくいい描写だなあ。

すじピン

 宮大工くんにその他大勢の目を通じた「普通」という評価と、「すごい! 踊れてる!」というカタルシスが両立されてるのが上手いなあと思いました。初歩の初歩のダンスをめちゃめちゃ感情移入して応援している先輩たちとか、成功させてハイタッチする主人公ペアとか、読んでいてとても気持ちいい。

 ところで、「目立つ」ということが大きな武器として描かれるこの漫画で目立たないであろう二人の普通のダンスにコメントしている人が割りと多いのが気になりました。広い会場のたまたまコメントしている人を切り取っただけで全体で見たら大半の人の印象には残っていないのだろうか。

ワールドトリガー

・ヒュース脱走

 ヒュースくんがその気になればトリガーを盗んで逃げ出せるというのはこの漫画にしては管理が杜撰過ぎるような気がするので、敢えて狙いがあって泳がされてるのかなあ。迅さんには予知で見えてるだろうし。

 近づかれたら終わり、というスナイパーを実際近距離で倒そうとしたら近接戦に対応できる二人が出てくるという流れが気持ちよかったです。こういうの見ると、荒船さんの考える「パーフェクトオールラウンダー量産」は理にかなっているように感じる。
 
 最後の展開は、相手がトリオン兵だろうと侵入を許した時点でダメなのではと少し思いました。

左門くんはサモナー

 とても面白いんですけど、左門くんって1話では悪魔のようなイメージだったんですけど、今はすっかり「かわいそうな子」って感じですよね。

ものの歩

 十歩くん変わりすぎワロタwwwwwww
 あんなキチガイだったのに一度の敗戦ですっかり綺麗に。というかショタ過ぎるのでは。あかんよヒロインだよこいつ。

 信歩くんのキャラは竜胆くんにツッコまれている時が1番活きている気がするので、この漫画で最大の功労者は竜胆くんではなかろうか。
 


 


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。