プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ5・6号感想2010-01-04(Mon)

BLEACH

 平子の能力は方向を反転させるというもので、スーファミのテトリスに似たような能力の

キャラが出てきたなと思いました。あれはコントローラーを逆に持てばそれでいいという安っぽい能力

ですが、人体ではそんなことできませんし半端なく厄介ですね。攻撃が来るたびに「右から来たから左」

「上から来たから下」とか考えてたら確実に反応が遅れますし。しかし、それをごく普通にやっちゃうのが

ラスボスクオリティ。そういえば藍染って剣術だけでも卍解した日番谷を瞬殺できるんですもんね。

そして改心したと思ったら自爆装置(?)的なもので死んでしまった東仙さん。藍染さんは自身が言うように誰も

信じてないってことで、市丸も負けたらああなるんでしょうか。

最後に一護がそのまま不意打ちしそうな勢いで飛び出してきましたが、

BLEACHは不意打ちが意外と有効な漫画とはいえ、それは読者にとっても不意だった場合の話で

今回のように思いっきり見開きで飛び出してきてはあっさり防がれるでしょうね。

 ワンピース

 テンションホルモンで一時的に復活したからといって別にパワーアップしたりはしませんよね。

能力封じに「覇気」ではなく海楼石を使うということは黄猿には覇気の才能が無いんでしょうか。

マルコもジョズも大将に倒され、白ひげも「おれは“白ひげ”だあ!」と凄んで見せてもやはり

限界が近いのは明らかですね。しかし息子を守ろうとする白ひげとそんな親父を守ろうとする

息子達の姿がまた熱い!ジンベエも「息子」の一人ってのがいいですね。

最後にルフィが発揮した「覇王色」の覇気ですが、みんながこれだけ驚くということは

世界最強の「白ひげ」でさえ覇王色の覇気は持っていないということか。

大将でも「覇気」を使えない所など、登場時には批判の多かった「覇気」も上手い具合に

バランスとれてる感じですね。

 フタガミダブル

 あれ…そこそこ読めるな…。主人公の髪型がもろにサイコーなのは「もっと個性を」と言いたくなったけど

それ以外は割と斬新なような…。自分にそっくりな奴が自分になりかわろうとするってのはよくある

話だけど、それが自分から生み出されたドッペルゲンガーってのはおもしろいなと思いました。

本来自分を殺そうとする存在の「幻人」を、逆に精神力で支配して戦うって発想もよかったです。

まあヴィジュアルはツナのハイハー死ぬ気モードみたいでしたけど。

気になるのは「普通の中学生」である双神君にそれほど強い精神力がある気はしないんですよね。

例えば日常のシーンでも彼が凄く芯の強い少年だと思われるような描写を入れれば説得力は

あったかな、と。まあ雨音さんを置いて逃げないあたりは根性があるってことなんでしょうが。

 雨音さんの可愛さは流石だなと思いました。

 ハンター×ハンター

 猛攻撃をしかけながら回想ってなんか刃牙みたいだなと思いました。

武道科家として頂点を極めたネテロですが、久々に会えた格上の敵に果敢に攻撃を仕掛ける

のがネテロの望んだ「武の極み」ってのはなるほどなと感じました。ただ全力の攻撃を仕掛けている

だけで一見稚拙に見えますが、この攻撃が今のネテロには最善手でしょうね。実際その威力は凄まじく、

王も防御できていません。

 ネテロ「ここが墓場だ…貴様のな」

ちょwwww死亡フラグwwww自分の墓場になるパターンだよwwwww

しかも実力的に遥か格上の王を相手にwwww

最後の「萌え萌えキュン」に吹いたwwww
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。