プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ10号感想前編2010-02-08(Mon)

ONE-PIECE

赤犬「親父親父とゴロツキ共に慕われて家族まがいの茶番劇で海にのさばり」

確かになあと思いました。海軍の上層部でもガープ、青キジ、スモーカーなどは白ひげや麦わら一味に敬意を

払ったりしてますが、あれはあくまで彼ら個人のレベルの話で世間的に見れば海賊は悪でしか無いんですよね。

インペルダウン編でハンニャバルさんが言った「社会のゴミが綺麗事抜かすな」のように、「悪」と見なしている

者たちの親子や兄弟の情なんて気持ち悪くて見てられないってことでしょうか。

「人間正しくなければ生きる価値なし」の台詞の台詞や避難の船を攻撃した過去が示す通り赤犬は

「正義」に以上にこだわるキャラですから一連のエースへの挑発はとても彼のキャラを立てていて

よかったです。ただ、それにあっさり乗っちゃうエースにはがっかり。ただそれはそれとして

最後に腹を貫かれたのはビビりました。白ひげに続いてエースまで死んでしまうんでしょうか…。

でもエースを殺しちゃったらこのエース救出編は何だったんだろう。ただこのことがきっかけで

ルフィに何か変化があったり戦争によって世界情勢が変わってストーリーが進んだりって

展開が変わったりってのは気になりますね。後、「マグマは火を焼き尽くす」が意味分からない件。


ぬらりひょんの孫

 羽衣狐様麗しいなあ。ところで狂骨が語ったビジョンですが、いまいち陳腐な感じはしますね。

こういうラスボスの世界征服後のヴィジョンてのはけっこう重要なことだと思いますが。

まあ羽衣狐様は「京を支配する」なので世界征服に比べればスケールは小さいですが。

ただ羽衣狐様の宿願である子を「産む」ってのはどういうことなんでしょうね?

予想1 自分の後継者。ハンターの蟻の女王のように羽衣狐様の子こそが真のラスボスという展開。
   しかし読者からしたら「あの」羽衣狐様が単にラスボスを生み出すためのキャラクターってのは
   受け入れがたいものがありますね。

予想2 転生の依代。羽衣狐様は依代が人間であるために人としての寿命のために人としての寿命分しか
   生きられないと秀元も言ってましたが、それを克服するために自身が生み出した転生の素質を持つ依代に
   死んだらすぐさま転生すれば無問題と言う。あるいは自分の体と違い、「妖怪」の依代ならば永遠に生きられる
   のかも。

 後、秀元の口から花開院家は「芦屋家」の子孫であることが明かされましたが、陰陽師が登場する漫画では

確実に出てくる「芦屋道満」「安倍晴明」の内安倍晴明についてもいつか触れられる日が来るのかなあと思いました。

最後の見開きかっけー。


「戦いに美学を求めるな」
「死に美徳を求めるな」
「己一人の命と思うな」
「護るべきものを護りたければ倒すべき敵は背中から斬れ」

…。だ、誰も守ってねえ…。死神たちはOSRな戦い方しかしないもんなあ…。

でも今週の戦闘は凄くよかったです。隊長たちが自分の能力をちゃんと活かして戦っていて展開も

スピーディでした。今までかませ犬でしかなかった日番谷が止めを刺してて名誉挽回してますし。

平子の逆撫もちゃんと機能してます。

毎週こんなふうにバトルしてくれれば砕蜂の「死神の学」にも説得力が出ると

思うんですが…。雀蜂の「弐撃必殺」が効かなかったのはがっかり。

まあなんだかんだ言っても生きてるんだろうけどな!


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

マグマは圧倒的に熱い液体だからじゃーないかなとふとおもったり。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。