プロフィール

サンライズ

Author:サンライズ
なんやかんやあってワナビになりました。小説は載せませんがジャンプ感想を怠けず更新していこうと思います。

最近読んだ本
サンライズの最近読んだ本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ13号感想前編2010-03-01(Mon)

四ツ谷先輩の階段

 読み切りでもけっこう好きだったんですが、新連載第一話も期待を裏切らない出来でした。

主人公は顔立ちと口調はムヒョ、「最恐の階段」という自分の楽しみのために行動するところは

ネウロを連想させるようなキャラクターですね。真相が人間の犯罪などである「怪談」を四ツ谷先輩の

演出による「怪談」で打ち破るスタイルになるのでしょうが、四ツ谷先輩の「語」と確かな画力は恐怖を

見事に演出出来ていたと思います。見開きでの「ちょうだい」は真剣にゾクッとしましたし。

ただ、それほどの恐怖を感じた針子先生のリアクションがイマイチなんですよね。ネウロは魔界道具による

お仕置きもそうですが、それを受けた犯人の発狂ぶりも作品のケレン味を演出してましたし。

ネウロは推理ものの皮を被った単純娯楽漫画でしたが、この作品はホラー+推理という今までに無いジャンルだと

思うので頑張って欲しいですね。

NARUTO

 わー薄っぺら…。いや本当にそう感じました。何と言うか、展開としては感動しても別におかしくないんですよ。

変わってしまったサスケをそれでも殺せなかったサクラとか、カカシの説得にも応じず憎しみを撒き散らすサスケ

とか。そして答えを出すためにナルトがサスケの前に現れ、かつての第七班がそろうところとか。

なのに心が動かない。何とも思わない。なんでしょうねこれは。

BLEACH

 何で今まで死神側最強の山爺がぼうだちしてんの?とは散々言われてましたが、なるほど大技を放つための

準備ね…。そして自分や部下たちの命も捨てて藍染を焼き殺す自爆技に…。まあいいんですがだとすると山爺は

このこの戦いが始まった時から部下たちを捨て駒にして時間を稼ぎ、かつその部下たちも巻き添えにするつもりだった

わけか。死を覚悟と死ぬつもりは話が違うと思うんですが…。隊士達は「え…最初から俺ら死ぬことになってたの」

と愕然としながら死を覚悟したんじゃないかなあ…。しかもこれで藍染を討ち取ったとしても護廷十三隊の隊長格は

四人しか残らないわけですし。まあ総力戦ってのはそういうものかもしれませんけど。

藍染「まともに戦えば戦闘能力は私より上だろう」

今まで散々チート扱いされてきた藍染が山爺の方が強いと認めるのはちょっと面白かったです。

たしかに山爺は当初から隊長連でもずば抜けた強さのように描かれてきましたし、「ヴァストローデ級は

隊長より強い」の設定が出ても山爺ならいけるんじゃね?と言われてましたし(この設定もどっかに

すっ飛んじゃいましたね)。そして藍染がそれに対抗策を用意していたというのも面白い展開。

ラスボスが唯一自分を倒しうる敵の戦力を封じる策を用意してたってのもなかなか面白いですよね。

今まで強いことはわかってたけどいまいち位置づけがわからなかったワンダーワイスはこのための

藍染の布石だったとは。

 流刃若火を押さえ込むことだけに特化したワンダーワイスに攻撃を弾かれたり腹を貫通されたりした隊長と

元隊長は…。

 HUNTER×HUNTER

SUGEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!

ネテロ「お前は何もわかっていない。底すら無い。人間の悪意(進化)を」

ネテロの奥の手は核兵器って説は前々からありましたが、今週登場した「貧者の薔薇」はネテロの体内に収まる

サイズに対する破壊力からして核を遥かにしのぐ威力ですね。(名前の由来は「貧者の核爆弾」でしょう)

わかっちゃいましたがネテロの零式観音ビームもユピーの爆発も戦略兵器に比べると花火みたいなものとは。

DB級の戦闘力なら別ですが、最強クラスのキャラの最強の技でさえ核兵器の破壊力を凌ぐ漫画なんて

少数派ですし。ネテロが先週王にメルエムと名前を教えたのは自身の「武」がメルエムに負けたことを

認めたためですが、スイッチを押すだけでその「武」を遥かに凌ぐ破壊力を生み出す「人間の力」は

恐ろしいですね。ネテロが先週言った「人間の力」も普通はポジティブな方向の力を連想しそうですが

それに対してこんな兵器を生み出し、かつ幾度となく私用し続けているというハンター世界の人類

(当然現実世界の人類も)のおぞましさを見せつける今週の展開には感服しました。人間の悪意を象徴する

ネテロの笑顔も恐ろしい凄みを感じましたし、やはり冨樫先生は真面目に描けばジャンプでダントツの画力の

持ち主ってのがわかります。

 そして爆発を見たユピーとプフの怒りを描くことで「蟻」と「人間」の壁を決定的な物にする演出も見事。

コムギやネテロに対する王、モラウ達に対するユピーを通して描かれた蟻の中に芽生えた人間に近い感情も

全てはこれを描くための溜めだったということでしょうか。

 さすがに王も死んではいないにしろ相当なダメージを負ってそうですが、このことでユピー以上に人間を

認めていた王がどうなるのか来週からの展開が気になります。…後何週あるっけ…?



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。